八重の桜 第28話「自慢の娘」の感想

 
2013年07月15日/ TVドラマ

NHK総合で放送された大河ドラマ「八重の桜」第28話の感想など

八重の桜 自慢の娘

”警部補 矢部謙三2”の第2話は録画をまだ見てません。
この「八重の桜」第28話はリアルタイムで見ました。

本当は仕事しなくちゃいけないんだけどね(汗)
ブログの更新もしてる場合じゃないんだけどね(汗)

仕事しなくていいなら、”半沢直樹”も見たかったし、”ショムニ2013”も
”Oh, My Dad!!”も見たかった・・・

”救命病棟24時”の新シリーズは、仕事の合間に寄った
家電量販店にあるテレビで、第1話の冒頭をチラッとだけ見ました。

なぜか救命病棟24時を映しているテレビの音声はOFFにされていて、
映像しか見られませんでした。
やはり、江口洋介さんの居ない救命病棟24時は寂しい。

音が聞こえなかったので何とも言えませんが、救命病棟24時と言えば
一刻を争う緊迫した状況が”売り”のはずなのに、トロトロした印象。
病院とかもオサレじゃなくていいのに。
ちょっと古臭い感じの病院の方がリアルだと思います。

”八重の桜”の話題から大きく脱線。。

綾野剛さん演ずる松平容保公は、劣勢の中、よく威厳を保って指揮を
執れるものだなあと感心。(あくまでドラマですが)
私なら、前週の西郷頼母(西田敏行さん)の進言に乗っかって
和平工作に走りたくなるかも知れません。

威厳のある殿もカッコいいのですが、忠義をつくす家臣もカッコいい。
「この方のためなら身命を賭して」と思える殿だからかなあ。

佐川官兵衛(中村獅童さん)が、容保公のご下命を受けて
「ははーっ!」と大声を張り上げるあたりは胸が熱くなりました。
寝坊をしたのがちょっとマヌケでしたが。

私の仕えた上司は、
「コイツに巻き込まれるくらいなら、真っ先に逃げるわ」
という人たちが多かった、残念なことに。

今回も八重(綾瀬はるかさん)の活躍が目覚しかったですね。
砲弾が飛んでくるや、桶に入った水を布団にかけ、濡れ布団を砲弾に
かぶせて爆発を防ぎます。

それを見ていた容保公(綾野剛さん)は、八重(綾瀬はるかさん)を
呼び寄せて砲弾の構造を解説させました。

八重(綾瀬はるかさん)は、女性陣にも砲弾の爆発を防ぐ仕組みを説明。
これが悲劇を生みます。

大蔵(玉山鉄二さん)の妻・登勢(白羽ゆりさん)が、八重のマネをして
飛んできた砲弾に濡れ布団をかぶせると、一瞬成功したように見えましたが
その直後に爆発。

登勢は、八重の腕の中で息も絶え絶えに最期の言葉を残して事切れます。

さすがに夜8時台では、あれが演出の限界かなあ。
もっとリアルなら、登勢は即死だし、これがお登勢さん?というくらい
遺体の損傷が激しいはずです。

加えて、八重(綾瀬はるかさん)が容保公(綾野剛さん)に説明していた
ように、砲弾の中には金属片が入っているから、それが飛び散って
近くに居た女性陣にも死傷者が多数出たような気がします。

岩倉具視を演ずる小堺一機さんに違和感を覚えるのは私だけ?
誰がこの配役を考えたのだろう。
それを言い始めたら、官軍の要人たちも、結構イメージとビジュアルが
一致しない人が多いですね。

ケチをつけてばかりいるように聞こえますが、ここ最近は
「八重の桜」を結構たのしんでいますよ。
この先、日本で内戦なんて起きて欲しくないけれど、
戦闘シーンが映像的にワクワクします。
男ってダメだわ・・・

予告編によると次回は、八重(綾瀬はるかさん)の父・権八(松重豊さん)が
華々しく散るような感じでした。

松重豊さんというと、「アウトレイジ ビヨンド」での刑事役の印象が
私の中ではまだ残ってます。

「片岡さんにとっちゃ先輩かもしんねーけどよ、
俺にとっちゃアンタただのヤー公なんだから覚えとけよ」
※片岡:小日向文世さん

映画の冒頭で、仮釈放された大友(ビートたけしさん)に向かって言った
松重さんのこのセリフがお気に入りです。

▼主な出演者(敬称略)
山本八重:綾瀬はるか/川崎尚之助:長谷川博己/山本覚馬:西島秀俊/山本うら:長谷川京子/山本佐久:風吹ジュン/山本権八:松重豊/松平容保:綾野剛/照姫:稲森いずみ/西郷頼母:西田敏行/神保雪:芦名星/梶原平馬:池内博之/高木時尾:貫地谷しほり/佐川官兵衛:中村獅童/山川大蔵:玉山鉄二/山川登勢:白羽ゆり/山川艶:秋吉久美子/秋月悌次郎:北村有起哉/中野竹子:黒木メイサ/日向ユキ:剛力彩芽/岩倉具視:小堺一機/大垣屋清八:松方弘樹/小田時栄:谷村美月/大山弥助:反町隆史/板垣退助:加藤雅也

▼脚本:山本むつみ ▼テーマ音楽:坂本龍一 ▼語り:草笛光子
  


Posted by じろう at 07:40Comments(2)

警部補 矢部謙三2 第1話の感想

 
2013年07月06日/ TVドラマ

テレビ朝日系で放送されたドラマ「警部補 矢部謙三2」第1話の感想など

警部補 矢部謙三2

スピンオフドラマの続編は、今までに無かったそうです。
踊る大捜査線シリーズでも成し得なかった偉業を、このトリック・シリーズで
達成したわけですね(笑)

警部補 矢部謙三の続編がはじまるということは、トリックの新作映画が
作られるのではないか?という予想ができたのですが、その通りになりました!
2014年1月公開予定です。→トリック劇場版 ラストステージ
これはもう、レンタルまで待つなんてセコイこと言わず、映画館へ観に行きます。

ですが、悲しいお知らせもありました・・・
TRICK(トリック)が、次回の映画で最後となるとのこと。
堤幸彦監督も言われていたように、”寅さん”みたく延々と続けて欲しかった。

阿部寛さん演ずる上田次郎は、あと10年でも続けられそうですが、
仲間由紀恵さん演ずる山田奈緒子を、この先もずっと引っ張るのが厳しいのは
確かですね。
どう見てもおばちゃんになっちゃった奈緒子では痛々しい。。

上田と山田のコンビは切っても切れない関係だし、阿部寛さんと
仲間由紀恵さんが出てるからこその”トリック”なので、キャスト入れ替えで
続けるなら、もうボクは見ないですね。
なので、ここらで終わるのも仕方ないかな、と思っています。

さて、警部補 矢部謙三2ですが、相変わらずバカバカしくて面白い。

ミスターちんさんの営む駄菓子屋「鳥九」の壁に、トリック劇場版2で出てきた
ズワイガニ?の模型が飾ってありましたね。
あと、石原達也(前原一輝さん)のような人もチラッと映った気がしました。
※石原は矢部(生瀬勝久さん)の初代部下です

ハルさんとジャーミー君が登場してくれたのも笑えました。
できれば、阿部寛さん、仲間由紀恵さんもチラッと出てくれると嬉しい。

前に出てた、貫地谷しほりさんと鈴木浩介さんは出てこないんでしょうか。
その代わり、子役の女の子が主に活躍するようです。

▼主な出演者(敬称略)
矢部謙三:生瀬勝久/秋葉原人:池田鉄洋/御手洗未来:畠山彩奈/菊池愛介:姜暢雄/御手洗ちかお:大和田伸也/御手洗仁美:三船美佳/国木田晃:佐戸井けん太/玉置浩市:相島一之/駄菓子屋マスター:ミスターちん/池田ハル:大島蓉子/ジャーミー君:アベディン・モハメッド/大道寺文乃:秋本奈緒美
  


Posted by じろう at 09:00Comments(0)