半沢直樹 第6話の感想など

 
2013年08月26日/ TVドラマ

TBS系で放送されたドラマ「半沢直樹」第6話の感想など

半沢直樹

仕事が忙しくなり、今期のドラマで全話見ているものは一つもありません。
この「半沢直樹」も例外ではなく、第1~2話は見ていません。
しかし、面白いとの評判を聞きつけ、第3話から欠かさず見ています。
確かにとても面白い!
開始から2回分を見逃しましたが、話についていけました。

第1部の結末はとても痛快でスカッとしましたね。
半沢(堺雅人さん)が最後に勝つのだろうと分かっていても、
手に汗握る展開と、不正が徐々に暴かれていく様子に心躍りました。

東田(宇梶剛士さん)の愛人役で出てきた壇蜜さんは、
あまりしゃべらずにいた時は、いかにもそれっぽい雰囲気がナイスでしたが、
セリフが多くなると大根ぶりが露呈しましたね。
演技に慣れてないから仕方ないと思います。

さて、昨日からはじまった第2部も、第1部に引き続き面白い。
これがすでに終わっているドラマなら、すぐにでもレンタル店に行って
最終話まで全部借り、一気に見てしまったことでしょう。
来週の放送が待ち遠しいです。

突っ込みどころもありますけどね。
タミヤ電機で、東京中央銀行から出向してきている半沢の同期の近藤。
メインバンクから迎えている近藤を、あんな若造の社員まであからさまに
「銀行さん」とバカにして呼ぶなんて普通はありえないでしょう。

だけど最後に、
「私は今はタミヤ電機の経理部長だ。野田!決算書を持ってこい!」
と彼が言い放つ場面は爽快でした。

オネエ言葉の黒崎(片岡愛之助さん)が、いつの間にか国税庁から
金融庁に異動になっていました。
彼が出てくると、とにかく笑えてきてしまいます。
重厚な雰囲気の中で、フッと息を抜ける役どころですね。

伊勢島ホテルの件は、頭取の中野渡(北大路欣也さん)を辞任に追い込み、
自分が次期頭取にと目論む大和田常務(香川照之さん)の画策なのが
透けて見えますが、半沢(堺雅人さん)との対決もからんで
面白くなりそうです。

半沢の同期役で出演の及川光博さんは、悪役もよくハマります。
だから、第1部で、半沢の失脚を企んで東田側に加担していると思ったら
予想がはずれました。
このまま第2部でも、半沢の親友としてだけで終わるのかなあ。

半沢直樹の奥さん役の上戸彩さんは、
妻というより”歳の離れた妹”か”姪っ子”みたいに見えます。
ただ、彼女の美しさとかわいさは認めます(照)

年齢的にバランスのとれた女優さんなら、それらしく見えたでしょうに。
吉瀬美智子さん、竹内結子さん、松たか子さん、西田尚美さん、
和久井映見さん、長谷川京子さん、うーん、誰ならいいか迷いますねえ。。

お気軽な?コメントは下で↓絶賛受付中です(笑)

▼主な出演者(敬称略)
半沢直樹:堺 雅人/半沢 花:上戸 彩/渡真利忍:及川光博/黒崎駿一:片岡愛之助/近藤直弼:滝藤賢一/内藤 寛:吉田鋼太郎/岸川慎吾:森田順平/小野寺順治:牧田哲也/坂本新之助:岡山天音/貝瀬郁夫:川原和久/古里則夫:手塚とおる/時枝孝弘:髙橋洋/田宮基紀:前川泰之/野田英幸:利重剛/湯浅 威:駿河太郎/戸越茂則:小林隆/油山:木下隆行[TKO]/半沢美千子:りりィ/岸川夫人:松居直美/羽根夏子:倍賞美津子/半沢慎之助:笑福亭鶴瓶/中野渡 謙:北大路欣也/大和田 暁:香川照之
  


Posted by じろう at 07:30Comments(0)