軍師官兵衛 悪い予想が当たった?

 
2014年09月19日/ TVドラマ

NHKで放送されている「軍師官兵衛」の感想など

軍師官兵衛

仲間由紀恵さんが、田中哲司さんと結婚されるとの報道。
当たり障りの無い言葉ですが、おめでとうございます(笑)

「トリック(TRICK)」シリーズで仲間さんと共演した阿部寛さんが、
トリックでの配役、日本科技大教授・上田次郎で祝賀メッセージを出されていたのが、
トリックファンとしては嬉しかった。

お相手の田中哲司さんと言えば、この「軍師官兵衛」で荒木村重を演じていたのが
記憶に新しいところ。

さて、表題の件、「軍師官兵衛」の視聴率が落ちてきているようですね。
以前に、こちらの投稿
で、この先は雑に描かれるエピソードも出てくるのでは?
と予想しましたが、当たった様な感じですね。

それに呼応するような形で視聴率も落ちてきています。
内容的に最近は持ち直してきた印象ですが、途中のあまりの雑な内容で
いったん離れた視聴者が戻ってこなくなったということでしょうか。

「備中高松城の水攻め」や「中国大返し」あたりは丁寧に描いていたように思いますが、
その後がひどかったように感じます。

「四国攻め」なんて、長宗我部元親が官兵衛(岡田准一さん)に土下座する
1シーンのみで完了。

前後しますが、明智光秀を滅ぼした「山崎の戦い」や
柴田勝家を破った「賤ヶ岳の戦い」の描き方の雑なこと雑なこと・・・

「清洲会議」や「小牧・長久手の戦い」も。

徳川家康を上洛させるために、秀吉は母・大政所を人質として
家康の元へ送っていますが、状況説明だけで、
大政所は一切登場しませんでした。

どなたが命名したのか知りませんが、やはり前半での
「信長劇場」などに時間を割き過ぎたきらいがありますね。

他にも、「なんでこの話は広げて、この話は端折るの?」という場面が
見られました。

九州平定後、肥後で佐々成政が地侍に一揆を起こされたり、
それが官兵衛の新たな領地・豊前にも飛び火するなど、
ここ最近の話は丁寧に描かれています。

宇都宮鎮房は、素直に伊予への国替えに従えば良かったのに。。
村田雄浩さん演ずる無骨な宇都宮鎮房は良かったですけど。

謀殺シーンで、黒田家臣が緊張で注いだ酒をこぼすと、
不穏な空気を感じ取っていた鎮房が腰の刀に手をかけながら
酒を飲み干すあたりは見ごたえがありました。

この先、まだ「小田原攻め」や「朝鮮出兵」などがありますけれど、
どこを端折って、どこを広げるのか見守りたいと思います。


▼主な出演者(敬称略)
黒田官兵衛 … 岡田准一/光 … 中谷美紀/黒田長政 … 松坂桃李/栗山善助 … 濱田岳/母里太兵衛 … 速水もこみち/井上九郎右衛門 … 高橋一生/お福 … 阿知波悟美/お道 … 福島リラ/高山右近 … 生田斗真/豊臣秀吉 … 竹中直人/おね … 黒木瞳/石田三成 … 田中圭/小早川隆景 … 鶴見辰吾/安国寺恵瓊 … 山路和弘/後藤又兵衛 … 塚本高史/茶々 … 二階堂ふみ/小西行長 … 忍成修吾/佐々成政 … 大谷亮介/加藤清正 … 阿部進之介/福島正則 … 石黒英雄/徳川家康 … 寺尾聰/井伊直政 … 東幹久/宇都宮鎮房 … 村田雄浩/鶴 … 市川由衣/宇都宮朝房 … 橋本淳/千利休 … 伊武雅刀

▼脚本 - 前川洋一 ▼音楽 - 菅野祐悟 ▼演出 - 田中健二・本木一博・大原拓
  


Posted by じろう at 09:00Comments(0)