ハイスクール・フリート(はいふり)再評価

 
2018年01月06日/ TVアニメ
ハイスクール・フリート


以前の投稿で、ガルパンことガールズ&パンツァーの方が、ハイスクール・フリートより面白いという感想を述べました。

しかし、「はいふり」のTVシリーズとOVA前編・後編を再び視聴し、評価が変わりましたよ。

2作品は比較するものではなく、
それぞれの作品にはそれぞれの良さがあるなぁと、
ハイスクール・フリートを2周して思いました。

ヘタな作品よりも面白かったんですよ。

ガルパンの軍艦版をやれば良かったんでは?などと以前に述べたことを反省しています。

戦車1両の乗組員数と、たとえ小さい船とは言え、
晴風の乗組員数の大きな差を考えねばならなかったです。

あ、でも、ガンダムでいうとホワイトベースで露出が多いのは、
艦橋スタッフとモビルスーツ乗員だけだしなぁ。

いやいや、はいふりは、各科の専門スタッフの連携、チームワークを楽しむ物語なんですよ。
とは言え、ブリッジのキャラたちが目立ちますけどね。

あとは専門用語を言うところがカッコいい。

「航海長操艦、両舷前進微速、赤黒無し、針路150度」とか。

面舵(おもかじ)や取り舵(とりかじ)も、抑揚をつけて独特な発音をしますし。

さすがに2周したので、キャラもだいぶ覚えました。

ファッションで言うと、ベージュのカーディガンに水兵帽、
腰にタブレット端末用のバッグをさげてる納沙幸子がオシャレですね。

マッチこと野間マチ子は、同性なのにトーマツさんが入れ込むのも分かります。
確かに彼女はカッコいい。

そういえば、艦長の岬明乃は、「海の仲間は家族でしょ?」と言って、
副長の宗谷ましろを「シロちゃん」と馴れ馴れしく呼んで彼女に嫌がられてました。
「宗谷さんもしくは副長と呼んでいただきたい」とか言われて。

だけど、なぜか岬明乃が「さん付け」で呼ぶ人が居ますね。
それが、野間さん、万里小路さん、美波さんの3人です。
私の記憶が正しければ。
何でだろう?

鏑木美波は、赤道祭で12歳と判明し、ビックリするまで年上だと思われてたから仕方ない。
でも残りの2人は同級生なのに。

さて、とりとめもなく書きなぐって、
ハイスクール・フリートを再視聴して評価を見直した理由がうまく説明できなかったけど、
1回見てダメだった人も、2周するとじんわりくるのかなと。
でも、無理には勧めません。

私は第二期があれば見たいな。
  


Posted by じろう at 10:38Comments(0)

アウトレイジ最終章 ファッキンジャップくらい分かるよバカ野郎!

 
2018年01月05日/ 実写映画
アウトレイジ最終章

管理人としてこのブログの存在を突如思い出しまして、
管理画面を開けてビックリ、今でもそこそこ読まれてるんだなーと驚きました。
ここに辿り着いたけど、「つまんね」とすぐに去って行かれたのかも知れませんが(汗)

いくつかの記事を読んで、我ながら文才のなさに赤面しました。
しかし、あえて残します。このブログ。


さて、昨年、アウトレイジ最終章を公開初日に見に行きましたよ。
カネ払って観たから、言いたいこと言わせてもらいます。

アウトレイジのシリーズが大好きで、ワクワクしながら観に行きました。
以後ネタバレ全開なのでご注意。



大好きだったのは「ビヨンド」までだったようで・・・


端的いえば、私にとっては面白くありませんでした。
こんな終わらせ方するなら、アウトレイジ・ビヨンドでやめておけば良かったのに。

それか、次回作がいつ公開されるか分からない新劇場版ヱヴァンゲリヲンみたく、
宙ぶらりんにさせとくとか。

豪華な俳優陣なのに、なんか勿体ない。
岸部一徳さんなんて、出てくる意味あったの?

ドクターXのパロディーで
「メロンです」「請求書です」とでも言ってもらえば笑えたのに。

そう、笑えるシーンも少なかったです。

最初のアウトレイジだったかな、中華料理店のシーン。
ちょっとグロテスクだけど、最後にぶっ飛んだ指が2本入ったラーメンを
イヤホンで音楽聞いてた注文待ちの兄ちゃんに出すところ、
あそこが笑えて好きです。

ああいう、ちょっとクスっとするシーンも無かったような。。

あったとすれば、ピエール瀧さんにSMプレイの趣味があるということと、海辺のシーン。

大森南朋さんが太刀魚を釣ろうと粘ってたけどなかなか釣れず、
大友(ビートたけし)がヤケになって水面に銃を乱射したら太刀魚が一匹浮き上がってくる場面がありました。
あそこが恐らく笑わそうとしたポイントだったと思います。
だけど私は気づけなかった。笑うとこだよって。

加えて、警察の存在感がまるでなし。
小日向文世さんが居なくなったあとに残された松重豊さんなんて、可哀そうなくらい所在ない。

あと、人のいたぶり方、殺し方が単調だった気がします。
ほとんど銃殺ですよね。

前2作には、いろいろバリエーションがありました。

歯科のドリル、電動ドリル、バッティングセンター、手りゅう弾、ロープを首にくくりつけて車急発進など。
銃で殺すにしても、もっと工夫があったような。

終わり方もなんだか。
あそこは、白竜さんと撃ち合いをしてもらって「その男、凶暴につき」の再現を見たかった。

自分で頭を撃ち抜いて終わりなんて、逃げの演出ですよ。
どの北野作品だったか、車の中で拳銃自殺する終わり方のがありましたよね。
あの作品も面白くなかったです。

北野武監督作品のヤクザものでは、不作が続いて(私の評価)、
持ち直したのはアウトレイジ前2作品までだったようですね。

ネタがつきて思い浮かばないなら、何年でも寝かせておけば良かったのに、
と残念に思いました。

「最終章」と銘打って、観客を呼ぼうというマーケティングに騙された感じがして本当に残念。

あ、「龍三と七人の子分たち」は未見です。
今度観てみます。
  


Posted by じろう at 23:20Comments(0)