おっさん、干物妹!うまるちゃん にハマる

 
2018年03月20日/ TVアニメ
干物妹!うまるちゃん

アマゾン・プライムビデオで見放題だったので、1期、2期とも全部見ました。
プライム会費に年間3,900円払ってるけどね。

干物妹は「ひもうと」って読むことが後になって判明。
ずっと、「ひものいもうと、いや、かんぶつまい?」とモヤモヤしてました。

TVゲームは全くやらなくなり、アニメも見なくなり(最近は例外)、
フィギュアも集めてないし、漫画も読まなくなったけれど、
それらのパロディが散りばめられていて楽しい。

たとえば、兄のタイヘイに「戦場ゲームで遊んでろよ」と言われて、
うまるが「FPSは遊びじゃないんだよ!」と力説してるシーンは面白かった。
FPSってファーストパーソン・シューティングゲームの略なんだそうです。
思わずググってしまいました。

外(そと)うまるは、学業成績優秀、スポーツ万能、ピアノの腕前も上級、
そして容姿端麗と、完璧な女子高生という設定になっています。

うーん、だけど、クラスメイトの海老名ちゃんや、切絵ちゃん、
シルフィンだって可愛らしい。
だから、外うまるが飛びぬけて美人という設定は腑に落ちませんが、
まあ、そこは設定なので。

海老名って聞くと、ドクターXに出てくる遠藤憲一さんを思い出してしまいますw

話が逸れました。

翻って、家(うち)うまるは何とも愛らしい。
でも、ねんどろいどのフィギュアは買わないけどね。

チビのくせして生意気な口をきいて、
兄のタイヘイをパシリにようにこき使っている様が微笑ましい。

部屋を散らかし、ダラダラと過ごす。
そんな主人公を甘やかし、でも時々保護者はブチ切れて怒鳴る。
あれ?なんかどこかで見たような風景・・・

と考えたら、ちびまる子ちゃんに似てるような気がしました。
まる子もお母さんに甘えつつ、時々カミナリ落とされてますからね。

まる子も家うまるも憎めないキャラです。

1期と2期(R)の違いですが、2期の方が、外うまるでいる割合が高い気がして、
家うまるが好きな僕としては、ちょっと残念でした。

そして、2期ではヒカリちゃんというキャラが新たに登場。
ヒカリちゃんとのバトルはなかなか面白かった。

すっかりハマって、原作コミック全12巻を買ってしまいました。

ネタバレになるから詳細を述べるのはやめておきますが、
ヒカリちゃんとの関係に変化が起きてきますので、
ぜひともアニメの第3期で描いて欲しいですね。
  


Posted by じろう at 00:50Comments(0)