観劇!トリック霊能力者バトルロイヤル

2010年05月10日/ 実写映画
本日、劇場版トリック・霊能力者バトルロイヤル
を観て来ました。

さすが平日とあって、お客さんもまばら。

さて、劇場版2ではあった、阿部ちゃんが画面の左下へ、
「そこ、携帯切れよ!」と観客に向かって言ってるような
本編上映前のギャグ映像が無かったのが残念。

ネタバレになるのであまり書けませんが、
舞台となっている架空の村名を「万練村」と自虐的に名づけて
いますが、まさにその通り(マンネリ)なのでした(笑)

まあ、トリックはフォーマットが決まっちゃってますから、
山田&上田コンビがインチキをあばくというパターンは
変えられない。
ただ、映画としてはスケールが小さく感じました。
または、色んなものを詰め込みすぎたのかなあ。

テレビドラマを安直に映画化することを、
「世界の亀山モデル」と皮肉る人がいます。
つまり、シャープの三重県・亀山工場と某民放局の偉い人の
名前をかけているわけです。

ボクはトリックの世界が好きで、新作が見られるだけでも
嬉しいので、ファンが買い支えるという意味あいで映画館へ
足を運びましたが、今作もテレビの2時間スペシャルでも
良かったと思われる内容と感じました。

惜しむらくは、戸田恵子さんの面白さを、もっと引き出せ
なかったものかなあということです。
あれだとチョイ役扱いな感じだったもので。

島崎俊郎さんのアダモちゃんネタ、劇場版2のユートピア
のお二人もそうですが、本編にあまり映りすぎるとつまらなく
なってしまうので、一発ネタで入れ込む方が良いかな。

見てる方は、勝手に不満を言うだけで気楽なもんです。
もちろん、面白いところもたくさんありましたよ。

やはり、松平健さんの「暴れん坊将軍」ネタ。
白馬に乗るだけじゃありませんよ。
小道具や山田奈緒子が言うあのセリフ・・・
これ以上は言いません。
あと、劇中で唱えている呪文みたいな言葉・・・

マニアックすぎて、観ていた時には気付かなかったネタ
も多くありました。
それはパンフレットを見て確認できました。



ダジャレの数々、パンフじゃないと分かりませんよ(笑)

不満も漏らしましたけど、トリック・ワールドを
充分に堪能できました。


 


同じカテゴリー(実写映画)の記事画像
アウトレイジ最終章 ファッキンジャップくらい分かるよバカ野郎!
ごくせん THE MOVIE 感想
映画「プリンセス トヨトミ」の感想
SPACE BATTLESHIP ヤマト(映画)をテレビで見た感想
映画「あずみ」が深夜に放送
映画「第9地区」の感想
同じカテゴリー(実写映画)の記事
 アウトレイジ最終章 ファッキンジャップくらい分かるよバカ野郎! (2018-01-05 23:20)
 映画「永遠の0(ゼロ)」の感想など (2015-08-31 23:46)
 映画「小さいおうち」を見ました (2015-03-02 09:00)
 ごくせん THE MOVIE 感想 (2012-06-30 06:35)
 映画「プリンセス トヨトミ」の感想 (2012-05-13 13:49)
 SPACE BATTLESHIP ヤマト(映画)をテレビで見た感想 (2012-04-12 06:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。