サマーウォーズ 感想です

2010年08月07日/ アニメ映画
テレビで放映されたアニメ映画「サマーウォーズ」を観ました。

サマーウォーズ

DVDをレンタル店で借りて観ようと思っていたので、テレビで
放送してくれてラッキーでした。

観た感想は、端的に「良かった」。
筆力の無さを一言でごまかした感が否めませんが(汗)

正直、あまり期待してなかったんですよ。
2009年の夏、つまり1年前に公開された映画が、
もうテレビでやってしまう。
こういう場合、コケた映画で結構あるじゃないですか。

冒頭の、クレジットタイトルと「キング・カズマ」の疾走
が交錯するシーンから引き込まれました。

キャラクターデザインは、エヴァンゲリオンで有名な
貞本義行氏がご担当と知り、なるほど好みだったのは納得。

ただ、残念なことに私は花札のルールが一切分からないので、
「イノシカチョウ」とか「コイコイ」とか言われても
まったく理解できませんでした。

陣内家は「あんな親戚の家があったら夏休みに行きたい」
と思わせる要素がたくさん詰まっているんですよね。
あんな親戚いないから、懐かしいというより憧れです。

そんな田舎でも、ちゃんとインターネットは通じているし、
テレビも液晶薄型で、その辺は現代日本ですね。

みんな憧れる日本の原風景とも呼べる空間と、OZ(オズ)
という仮想空間のギャップが見ていて楽しかった。

花札のルールが分からないので、恨み言に聞こえるかも
知れませんが、ハッキングAIのラブマシーンとの対決は
何もカードゲーム(花札)でなくても良かったのでは?

陣内家は室町時代から続く、武田信玄にも仕えたことの
ある武家の末裔。
題名を「サマーウォーズ」と銘打っているのだから、
バーチャル空間での戦(いくさ)で決着をつけるのを
見てみたかった気がします。

無数のアバターたちが鎧・兜の姿で槍・刀を構えて、
ラブマシーンに乗っ取られたアカウントの集合体に
突進していくのも、絵的に壮大のように思えます。
キング・カズマを総大将として。

私の勝手な妄想です。忘れて下さい。

テレビ放送用に編集されているようなので、完全版を
DVDでもう一度時間を置いて観たいと思います。

 


同じカテゴリー(アニメ映画)の記事画像
ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 映画館で見てきた感想
劇場版アニメ「コクリコ坂から」の感想
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q カッコええ~!感想です
なんどめだ ルパン三世 カリオストロの城
借りぐらしのアリエッティ【金曜ロードショー】の感想
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版 感想
同じカテゴリー(アニメ映画)の記事
 ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 映画館で見てきた感想 (2018-01-24 19:28)
 劇場版アニメ「コクリコ坂から」の感想 (2013-01-13 19:40)
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q カッコええ~!感想です (2012-12-11 19:11)
 なんどめだ ルパン三世 カリオストロの城 (2012-03-31 06:31)
 借りぐらしのアリエッティ【金曜ロードショー】の感想 (2011-12-17 20:10)
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版 感想 (2011-08-27 14:35)

この記事へのコメント
途中の花札するシーンがカットされていたらしいですね
僕はサクラ大戦のこいこい大戦で鍛えられていたので理解はできましたが、あれが山場とは腰砕けになりました(笑)
もっと数学的な難問対決のほうが良かったかな
Posted by ミラクル部長 at 2010年08月07日 11:48
そうでしたか。ボクのような、花札が分からん人たちに配慮した結果かも知れません。
彼の数学能力は天才的なんでしょうけど、その能力は暗号解読のみに使われ、大活躍したという印象が薄い気がしました。
Posted by nerv46nerv46 at 2010年08月07日 13:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。