黄金の豚 第1話 感想

2010年10月21日/ TVドラマ
日テレ系ドラマ「黄金の豚 会計検査庁 特別調査課」の第1話を観ました。感想などを。

黄金の豚

篠原涼子さんの出演ドラマなので、はじまる前から期待していました。
5-7月放送の”月9”、「月の恋人」に出演されていい味だされてましたが、
作品全体はちょっと残念な内容でしたね。

篠原涼子さんと言うと日テレ系では「ハケンの品格」が思い出されます。
この「黄金の豚」の冒頭で、大泉洋さんが「ああっ、どこかで見たような」
と言い出したので、「ハケンの品格」で共演されたふたりのネタなのかと
最初は思いましたよ。

それは、詐欺師だった堤芯子(篠原涼子さん)が、角松一郎(大泉洋さん)から
1年ほど前に118万8,250円?を騙し取ったという設定で、「ハケンの品格」とは
関係なかったのですが、少しは遊びの要素も入っていたのかなあ。

堤芯子の、サングラスにニットキャップ姿のやさぐれた感じの登場で
「楽しくなりそうだ」とワクワクしました。
元詐欺師の経歴を、会計検査庁というお堅いお役所でどう活かすのかと。

う~ん、第1話は堤芯子(篠原涼子さん)という人物の紹介にかなり時間を
割いていて、社会福祉庁長官の不正をあばく過程がかなり駆け足に、
悪い言い方をすると雑に感じました。

たとえフィクションでも、税務・会計に関する内容を扱うドラマは、
理屈もしっかりしてくれないと、リアルさに欠けます。
社会福祉庁長官(矢島健一さん)の不正を、もっと理詰めで丁寧に描いて
くれないと、「悪を懲らしめたぜ」という爽快感に欠けますね。

比較するのは適当でないかも知れませんが、NHKで放送されていた、
「ハゲタカ」や「チェイス・国税査察官」と比べるともの足りなさがありました。

難しい専門用語を並べ立てたら良いと言う訳でなく、堤芯子が元詐欺師なら
何かの人物を装って、長官やその家族に近付く潜入捜査を行うような
場面が観たかったなあ。

最後の最後にゴルフ場でやっと本人に会っただけですもんね。
「あっ、お前はあの時の」みたいなご対面なら面白かったでしょうに。
「暴れん坊将軍」の「余の顔を見忘れたか」じゃないですけど。

理屈はしっかりしてたのかも知れませんが、あまりに駆け足に事件を解決させたし、
堤芯子(篠原涼子さん)が八面六臂の大活躍をしたという感じがしなかったのが
少し残念だった気がしました。

第1話はごあいさつということで、次回に期待します。

【出演者】
堤芯子(篠原涼子さん)
工藤優(岡田将生さん)
角松一郎(大泉洋さん)
金田鉄男(桐谷健太さん)
茶々万史郎(近藤芳正さん)
明珍郁夫(生瀬勝久さん)
久留米勲(宇津井健さん)
梅ちゃん(矢沢心さん)
マリリン(能世あんなさん)
堤啄子(もたいまさこさん)
堤みぞれ(山口紗弥加さん)

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

黄金の豚 会計検査庁 特別調査課ですが、詐欺師の堤芯子(篠原涼子)が税金の不正使用を追及する痛快勧善懲悪ドラマです。芯子は久留米勲(宇津井健)に目をつけられ会計検査庁 特別調...
黄金の豚 会計検査庁 特別調査課 第1話 感想「税金ドロボー官僚に喝!」 【一言居士!スペードのAの放埓手記】at 2010年10月21日 15:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。