医龍3 第2話 感想

2010年10月22日/ TVドラマ
フジ系ドラマ「医龍3」の第2話を観ましたので感想などを。

医龍3

出ました!今回も朝田(坂口憲二さん)の上半身ハダカの「エア・オペ」。
これで女性ファンの心をがっちり掴んでいますね(笑)
茶化すのはこれくらいにして、今回の第2話も楽しかったです。

野口(岸部一徳さん)がちょいちょい英語を入れてきてイラつきますね。
「イッツ、ショウタイム!」とか「ワンダフル」とか。
「ルー大柴かあんたは」と言いたくなります。
野口(岸部一徳さん)の悪役っぷりを際立たせるいい演出だ。

そういえば、医龍2までは出ていた機械出しのエキスパート看護師役、
水川あさみさんが出演されていないと思ったら、来年のNHK大河ドラマ
「江・姫たちの戦国」の撮影とかぶるために出られなかったという
オトナの事情があったようです。

そんなに大河の撮影が忙しいのかな。
なんとか両方出られなかったものでしょうか。残念です。
また、この医龍3では、彼女の今について全く触れていないんです。
でも、ややこしくなるのでヘタな説明を入れない方がいいかも。

さて、今回の話で、もし私が根岸紗江(松下奈緒さん)の立場なら、
黒木医師(遠藤憲一さん)のカテーテル手術の方が合理的と分かれば、
黒木医師の方を指名しますね。

加藤先生(稲森いずみさん)や伊集院(小池徹平さん)は、お客さんを
取られて面白くないといった対抗心むき出しで怒っていましたが、
患者のためを思うならやむを得ないでしょう。

その点、「最善の処置だった」と黒木医師(遠藤憲一さん)へ手術の正直な
感想を言った朝田(坂口憲二さん)の方が冷静だった。

しかし、何の連絡も無しに急に予定を変えられたら、準備を入念にしていた
彼らが怒って当然でしょう。
黒木らが突如手術を開始したのはさすがドラマの演出。

最後、荷物をまとめて病院を出て行く朝田(坂口憲二さん)の姿がありましたが、
次回予告では白衣を着て病院に居たのでひと安心。
なにやら「ロス手術」なるものを朝田はやろうとしているようです。

これから先、「チーム・ドラゴン」の仕事は、どんどん「チーム黒木」に奪われて
いくことになると、彼らの存在意義はどうなるのか。

それとも、チーム黒木との住み分けができるのでしょうか。
命を救ってくれた恩義を感じてか、荒瀬(阿部サダヲさん)がチーム黒木へ
寝返った?ようにも見えましたが・・・

このシリーズ、最初は敵だと思われた人物と最後は協力し合う関係になる
パターンだった気がしますが、医龍3では果たしてどうか。

野口はイヤらしいヤツですが、彼の言うことも一理ありますね。
経済的合理性を考えると、野口の提案するプランは魅力的に見えます。
ただ、悪役は最後に懲らしめられないと面白くないので、どんな
お仕置きが待っているのかも今後の見どころです。

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
まだ結婚できない男、見逃した第5話を見ました!
まだ結婚できない男、期待したとおり面白い!
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 まだ結婚できない男、見逃した第5話を見ました! (2019-12-30 23:57)
 まだ結婚できない男、期待したとおり面白い! (2019-10-19 10:08)
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。