フェイスメーカー 第3話 感想

2010年10月22日/ フェイスメーカー
日テレ系ドラマ「フェイスメーカー」の第3話の感想などを。

フェイスメーカー

私は、整形する前の増渕恵美子(佐藤寛子さん)の顔がブサイクとは
思わないけどなあ。ちょっと面長だけど。

確かに、整形後の安西エリナ(藤井美菜さん)の方がハッキリして柔和な
顔立ちだとは思いますが。

その前に、霧島瞬(永井大さん)のクリニックの存在をどうやって来訪者は
知ることが出来たのでしょう。
助手の看護師・霧島京子(日向千歩さん)が、訪ねてきた増渕恵美子に
「秘密は守れますね?」って、あっさり極秘のクリニックの存在を
認めちゃってるし。

あんな所があるのを簡単に知られたら、大挙して人が押し寄せるんじゃ
ないかなあ。まあ、ドラマなんであまり突っ込むのはよしましょう。

増渕恵美子(佐藤寛子さん)の整形手術をする前に、彼女のアゴを持ち上げ
顔を眺める霧島瞬(永井大さん)ですが、次の瞬間、オッパイを手で触ったぁ!

霧島京子(日向千歩さん)いわく、
「患者さんの皮膚などの状態を調べるためですよ」と。
顔の手術に胸は関係あるのか?

安西エリナ(藤井美菜さん)が暗い顔と言われて嫌っていた元の顔を
受け継いだ橋本亜美は、うまく世渡りして安西エリナに決まりかけた
連ドラのヒロインの役を奪いそうな勢い。

そこへ、安西エリナの父危篤の知らせが。
今の顔では娘だと信じてもらえないと、橋本亜美に田舎へ一緒に来て
欲しいと頼みます。
その代わり、安西エリナが橋本亜美にヒロインの役を譲る条件で。

危篤のお父さんは末期ガンだというのに、まあ恰幅のいい体なこと。
また余計な突込みをしてしまいました。。。

ここまでなら、無闇やたらに親からもらった顔をいじるもんじゃないよ、
という説教くさい話で終わるところでした。

しかし、ここまで主導権を奪われていた安西エリナ(藤井美菜さん)は
反撃に出ます。

橋本亜美(佐藤寛子さん)を、父親の葬式まで出席させることで田舎に
釘止めにして、オーディションへ出られないように仕向けたのでした。
そして、思惑通りにヒロインの座を射止めた安西エリナ。

橋本亜美を裏切り、クリニックを再び訪れた安西エリナに対し、
「魔物の生きる道は茨の道だ」と言う霧島瞬(永井大さん)。
すると、「だとしたら血を流しながら歩くだけです」と返す安西エリナ。

だいたいこういう話って、教訓めいたというか説教くさい結末で終わる
ものなので意外でした。

 


同じカテゴリー(フェイスメーカー)の記事画像
フェイスメーカー 最終回(第13話) 感想
フェイスメーカー 第12話 感想
フェイスメーカー 第11話 感想
フェイスメーカー 第10話 感想
フェイスメーカー 第9話 感想
フェイスメーカー 第8話 感想
同じカテゴリー(フェイスメーカー)の記事
 フェイスメーカー 最終回(第13話) 感想 (2010-12-31 15:15)
 フェイスメーカー 第12話 感想 (2010-12-24 22:39)
 フェイスメーカー 第11話 感想 (2010-12-17 20:47)
 フェイスメーカー 第10話 感想 (2010-12-10 22:10)
 フェイスメーカー 第9話 感想 (2010-12-03 23:00)
 フェイスメーカー 第8話 感想 (2010-11-27 02:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。