モリのアサガオ 第2話 感想

2010年10月26日/ モリのアサガオ
テレ東系ドラマ「モリのアサガオ」第2話の感想です。

モリのアサガオ

今回は、食堂一家3人殺しの死刑囚(大倉孝二さん)を中心としたストーリーでした。
両親と祖母の3人を殺された生き残りの娘さんは、また運が悪いことに若くしてガンに
かかり、余命いくばくもない状態。

刑務官・及川直樹(伊藤淳史さん)の恋人で、新聞記者の沢崎麻美(香椎由宇さん)は、
この余命残り少ない被害者遺族・倉持多恵子(中村ゆりさん)と、新聞社への投書
がきっかけで知り合うことになります。

死期の迫った倉持多恵子は、星山克博・死刑囚(大倉孝二さん)が今何を考えて日々を
過ごしているか知りたいと、記者の沢崎麻美を仲介して、及川直樹(伊藤淳史さん)に
尋ねるのでした。

しかし、及川直樹は「守秘義務があるから」といったんは断るものの、星山死刑囚から
話を聞こうと試行錯誤します。

表面的には反省している様子が全く無い星山死刑囚も、調べると不幸な生い立ちがあり、
及川直樹(伊藤淳史さん)が熱心に彼に接することで、反省の言葉や反省の書面を
得ることが出来たのでした。

なるほど、一見「草食系」に見える及川直樹も、この熱心に口説き落とすテクニックで
沢崎麻美(香椎由宇さん)もゲットしたのですね。

茶化すのはこれくらいにして、うーむ、どうかなあ、ちょっと死刑囚に同情的な描き方
だったですよね、どう見ても。

及川直樹(伊藤淳史さん)は、大先輩の刑務官・若林勇三(塩見三省さん)に、
「死刑制度って本当に必要なんでしょうか?」なんて議論まで吹っかける始末。
ある日突然、殺されて人生が終わった人の無念さはどう思うのかと問いたい。

重たい話はこれくらいにして、ボクは近付きがたいオーラを放っている香椎由宇さん
よりも、同僚の刑務官役の木南晴夏さんの方が見ててなごみますね(照)

囚人の運動時間に、渡瀬満(ARATAさん)がシャドウ・ピッチングをはじめると、
キャッチャーのようにしゃがんでボールを受けるフリをする及川直樹。
及川直樹が一方的に渡瀬満を知っているだけで、渡瀬は及川が同じ野球チームの
後輩だったと気付いているのでしょうか。
第2話までではそれは分かりませんでした。

2人の会話するシーンがこの先楽しみです。

 


同じカテゴリー(モリのアサガオ)の記事画像
モリのアサガオ 最終回(第10話) 感想
モリのアサガオ 第9話 感想
モリのアサガオ 第8話 感想
モリのアサガオ 第7話 感想
モリのアサガオ 第6話 感想
モリのアサガオ 第5話 感想
同じカテゴリー(モリのアサガオ)の記事
 モリのアサガオ 最終回(第10話) 感想 (2010-12-21 23:59)
 モリのアサガオ 第9話 感想 (2010-12-14 21:06)
 モリのアサガオ 第8話 感想 (2010-12-07 23:55)
 モリのアサガオ 第7話 感想 (2010-11-30 20:45)
 モリのアサガオ 第6話 感想 (2010-11-23 20:23)
 モリのアサガオ 第5話 感想 (2010-11-16 20:50)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

 直樹(伊藤淳史)は麻美(香椎由宇)から、入院している倉持多恵子(中村ゆり)という女性に引き合わされました。
彼女は星山克博(大倉孝二)によって家族を殺された被害者遺族だ...
「モリのアサガオ」 第2話 死刑執行命令 【トリ猫家族】at 2010年10月26日 19:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。