99年の愛Japanese Americans 第4話 感想

2010年11月07日/ TVドラマ
TBS開局60周年 5夜連続特別企画ドラマ
「99年の愛~Japanese Americans~」第4話の感想などを。

99年の愛 Japanese Americans

日テレ系ドラマ「Q10」を観ていたので、第4話も途中からしか観ていません。
しかも、所々記憶が無い部分があり、おそらく寝てしまっていたと思います。
「Q10」を観ているときは寝なかったんですけどね。

やはり一番の見せ場は、日系人部隊の突撃シーンだったと思います。
森の中で、ドイツ軍が機銃掃射してくる中を進むのですが、次々に仲間は撃たれます。
直接弾が当たらなくても、木々に当たって跳ね返ってきた銃弾に倒れる仲間たち。
映画「プライベートライアン」を思い出すような凄惨な戦闘シーンだったなあ。

やはりドラマですね。一郎(草彅剛さん)が投げた手榴弾で、機銃掃射していた
ドイツ軍がやられます。
もう大丈夫だといった感じで、進軍を再開する残りの部隊ですが、その時仲間を狙撃
せんとするドイツ兵を見つけ、一郎は仲間をかばうように体を投げ出し・・・

背負っていたリュックに弾は当たったのですが、おそらく貫通したのでしょう。
「平松!」と呼びかける仲間に、息も絶え絶えに「お前は家族の元へ帰れ・・・」
そして事切れた瞬間、手に持っていた妻(仲間由紀恵さん)と子の写真が、
はらりと地面に落ちるのでした。
うーん、泣かせるねえ。お涙頂戴のシーンでした。

一郎(草彅剛さん)が突撃の際に、「行くぞ、大和魂を見せろ!」と叫ぶのですが、
彼らはアメリカ兵なわけだし、日系2世は日本へも行ったことがない人たちでしょう?
大和魂って聞いて、何だか変な感じがしました。

その他のシーンはあまり覚えていないです。
忠誠を誓う書類に「No」と書いた人たちが、別の収容所へ送られることになった
シーンを少し覚えています。

あと、日本本土への空襲がはじまったニュースを聞き、長吉(中井貴一さん)が
「そんなデマを信じるな」とか皆に言っていました。

戦争が終わって、アメリカの日系人たちは、いつ解放されて名誉回復したのか
気になるところです。
最終回の第5話、「獣医ドリトル」をお休みして放送するので全部観られるかな
と思いきや、最後の方が「霊能力者・小田霧響子の嘘」と少しかぶるけど・・・

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。