モリのアサガオ 第5話 感想

2010年11月16日/ モリのアサガオ
テレ東系ドラマ「モリのアサガオ」第5話の感想です。

モリのアサガオ

前回、及川直樹(伊藤淳史さん)が、少年(今井悠貴クン)に刺されたところで
終わりました。幸い傷も浅く、大したことは無い様子。

入院している及川を、刺した少年=福田真也の両親が見舞いと謝罪に訪れます。
どうか内密にと、夫婦揃って土下座して謝り、示談金だと言って封筒を置いて行きました。
その後、東陽新聞の記者で及川の恋人でもある沢崎麻美(香椎由宇さん)が
見舞いに訪れます。

2人が肩寄せ合うなどして恋人の時間を過ごしているのも束の間、沢崎の電話に
急な仕事の連絡が入って戻ることに。そこへ同僚の刑務官・望月加奈(木南晴夏さん)
がやってきて、及川直樹(伊藤淳史さん)は彼女へ望月加奈を紹介するのですが、
無愛想な態度の麻美(香椎由宇さん)でした。
嫉妬してますねえ、あれは。

福田真也は、中学生8人放火殺人の一被害者の弟であると判明。
その放火殺人犯の迫(津田寛治さん)と獄中結婚をした西田夕子(釈由美子さん)を
逆恨みして、福田真也は西田夕子を刺そうとしたのでした。

福田家は唯一被害者遺族の会にも入らず、真也の父・健吾(田口浩正さん)は、
とにかく事件を早く忘れようと毎日を過ごしています。
たびたび、とんかつ屋を営む福田家を訪れる及川にも、事件を思い出させる人に
会いたくないのでもう来ないで欲しいと言ったり、真也にも殺された兄の野球道具
を使わせないようにします。

そんな父親の方針に反発した真也は、及川と父との会話を聞いていて、ついに
キレます。「お兄ちゃんは交通事故で死んだんじゃない、殺されたんだ!」
そんな真也の言葉を聞いて父・健吾は、急に考えをあらためます。

健吾は、死刑囚となった迫(津田寛治さん)と面会したいと言い出したのでした。
慣例で死刑囚と面会できるのは親族だけとなっていました。しかし、それは慣例で
あって法律で禁止されているわけではないと、拘置所の所長(なべおさみさん)を
刑務官・若林(塩見三省さん)と及川(伊藤淳史さん)で説得します。

許可を得たのち、西田夕子(釈由美子さん)を介して健吾は迫と会うことになりました。
「この度は息子が、奥様を傷つけようとして申し訳ありませんでした」と言うと、
「何でこんなヤツ連れてきた!この偽善者が!たっぷり生活を楽しんでやる」
と迫は散々な言葉を吐き続けました。
それでも迫の顔をじっと見つめる健吾。

後日、福田健吾は法務大臣に迫の死刑執行停止を申請したとのこと。
いやあ、またえらい考えの変わりようですね。
今回は、今井悠貴クンと津田寛治さんの熱演に圧倒されました。

最後の場面で、口のきけない少女・吉岡小春(谷村美月さん)が、及川に手話で
渡瀬(ARATAさん)あてにメッセージを伝えます。
それの意味するところは、「お兄ちゃん、生きて」。

あれはホンモノの手話ですか?と言うのも、中指を立てていたので。
外国人にあんな仕草をしたらぶん殴られませんかねえ。

【主なキャスト】
刑務官・及川直樹(伊藤淳史さん)
新聞記者・沢崎麻美(香椎由宇さん)
刑務官・若林勇三(塩見三省さん)
刑務官・望月加奈(木南晴夏さん)
刑務官・谷崎俊幸(ベンガルさん)
死刑囚・深堀圭造(柄本明さん)
死刑囚・世古利一(温水洋一さん)
渡瀬満(ARATAさん)
及川正直(大杉漣さん)
及川佐和子(市毛良枝さん)

 


同じカテゴリー(モリのアサガオ)の記事画像
モリのアサガオ 最終回(第10話) 感想
モリのアサガオ 第9話 感想
モリのアサガオ 第8話 感想
モリのアサガオ 第7話 感想
モリのアサガオ 第6話 感想
モリのアサガオ 第4話 感想
同じカテゴリー(モリのアサガオ)の記事
 モリのアサガオ 最終回(第10話) 感想 (2010-12-21 23:59)
 モリのアサガオ 第9話 感想 (2010-12-14 21:06)
 モリのアサガオ 第8話 感想 (2010-12-07 23:55)
 モリのアサガオ 第7話 感想 (2010-11-30 20:45)
 モリのアサガオ 第6話 感想 (2010-11-23 20:23)
 モリのアサガオ 第4話 感想 (2010-11-09 20:45)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

 直樹(伊藤淳史)は、夕子(釈由美子)と間違われ、少年に刺されそうになった小春(谷村美月)をかばい、刺されてしまう。
幸い、傷は浅かったようで、わりかしすぐに退院し、仕事...
「モリのアサガオ」 第5話 極刑反対の遺族!? 【トリ猫家族】at 2010年11月17日 17:20
〜極刑反対の遺族!?〜
『モリのアサガオ』第5話 【悠雅的生活】at 2010年11月19日 00:05
遺された被害者家族もまた、傷を抱えて生きている。 その傷はどうすれば癒されるのか?加害者の死刑が執行されれば苦しみは終わるのか?そんな問題を取り上げつつ、渡瀬満にも...
「モリのアサガオ」第5話 【fool's aspirin】at 2010年11月19日 20:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。