SPEC(スペック) 第6話 感想

2010年11月20日/ SPEC スペック
TBS系ドラマ
「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」
第6話の感想など。

SPEC スペック

当麻(戸田恵梨香さん)が夜食にうどんを作り、瀬文(加瀬亮さん)の分も作ってあげて
「まあ、うどんでも食べなっせ」というセリフにニヤリ。
堤幸彦監督は確か愛知のご出身。方言が分かったのは一部の人だけかな。

あと笑えたのが、医師の海野(安田顕さん)が瀬文(加瀬亮さん)に
「ジョーカーの堺雅人か」とたとえると、
「オレはテレビは見ねえ」と返す瀬文。
他局(フジ系)のドラマ名を言わせるなんて、思い切ったことを。

さすがに中盤に入ったので、特殊能力(SPEC)を持つ人間を抹殺したり管理する
背後の組織や黒幕に迫る展開に引き込まれてきました。

今回は当麻(戸田恵梨香さん)の書道パフォーマンスが無かったのですが、
瀬文(加瀬亮さん)の投げつけてきた本に書かれた文字を読み取って
「いただきました」の決めセリフ。
当麻の持つSPECは速読術?それは冗談ですが、おそらく、文字情報から
一瞬にして頭の中にマインドマップのようなものを描ける能力なのではと
勝手に思っています。

一般人と思われた、医師の海野(安田顕さん)や志村美鈴(福田沙紀さん)
にも特殊能力(SPEC)があると分かり、まわりはSPEC人だらけに
なってきました。

笑える要素も少しは残しつつも、話が引き締まってきて結末に向けて
ますます気になるし、楽しみでもあります。

 


同じカテゴリー(SPEC スペック)の記事画像
SPEC(スペック)翔の感想 2012/04/01
SPEC(スペック) 最終回 感想
SPEC(スペック) 第9話 感想
SPEC(スペック) 第8話 感想
SPEC(スペック) 第7話 感想
SPEC(スペック) 第5話 感想 【当麻、三角巾の秘密】
同じカテゴリー(SPEC スペック)の記事
 SPEC(スペック)翔の感想 2012/04/01 (2012-04-02 06:32)
 SPEC(スペック) 最終回 感想 (2010-12-18 06:18)
 SPEC(スペック) 第9話 感想 (2010-12-11 05:11)
 SPEC(スペック) 第8話 感想 (2010-12-04 06:04)
 SPEC(スペック) 第7話 感想 (2010-11-27 06:07)
 SPEC(スペック) 第5話 感想 【当麻、三角巾の秘密】 (2010-11-13 06:03)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

裏で国家がSPEC狩りをしているのか、それとも、SPECを管理下において国家のために利用しようとしているのか? 一連の事件の真相を求めて、当麻と瀬文の調査が始まります。
TBS「SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」第6話(己の回):病の処方箋 【伊達でございます!】at 2010年11月20日 07:30
第6話「病の処方箋」
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 第6話「病の処方箋」 【Happy☆Lucky】at 2010年11月20日 08:43
SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜第6話…全10話なんでしょうか?折り返しに来ているのにまだまだ先が読めません。が、少しずつ核心に迫っているんでしょうか?...
SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜己の回(6) 【ブルー・カフェ】at 2010年11月20日 12:36
SPEC己の回「病の処方箋」 
「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」第6話 【またり、すばるくん。】at 2010年11月20日 13:46
 里中(大森南朋)の死は、出張先の南アフリカで、ホテル火災に巻き込まれ焼死という事で処理されました。

「生きている間は本人が家族に嘘を、死んだら国家ぐるみで嘘。
ひとりの人...
「SPEC 〜警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜」 第6話  己の回 病の処方箋 【トリ猫家族】at 2010年11月20日 16:51
瀬文(加瀬亮)が慕っていた里中(大森南朋)が何者かに撃たれ命を絶った。 公安の現役潜入捜査官だった里中の死は、出張先の南アフリカで火災に遭い焼死したと妻の小百合(西原亜希...
SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 第6話 【ドラマハンティングP2G】at 2010年11月20日 18:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。