ギルティ 第7話 感想

2010年11月24日/ ギルティ
フジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」第7話の感想ほか。

ギルティ

第7話の視聴率は、13.3%(関東地区)と持ち直してきているようです。
佳境に入ってきましたからね。

溝口が真島拓朗(玉木宏さん)の部屋へ忍び込み、部屋に居た榎本万里
(吉瀬美智子さん)を襲撃するシーンは見入ってしまいました。
もしかしたらこの回で殉職かと思ったので、撃退した後はなぜか一安心。
しっかりハマってますね。
それにしても、溝口はどうやって部屋に忍び込めたんだろう。
カギは?オートロックは?まあ、細かいことは忘れましょう(笑)

次の見せ場は倉庫。
溝口はパトカーのサイレンが聞こえると逃げていきました。
ヤツの残虐性からしたら、逃げ際に鶴見(水上剣星さん)も刺していくと
思ったのですが、あっさり逃走。真島の後輩は焼き殺したのに。

その代わり、三輪(モロ師岡さん)が溝口に刺されて死亡。
15年前の毒ケーキ殺人で、宇喜田(吉田鋼太郎さん)に丸め込まれて
捜査資料の捏造に目をつぶったことを真島に告白していました。

野上芽衣子(菅野美穂さん)と宇喜田(吉田鋼太郎さん)の対決が
いよいよはじまりました。
15年前の毒ケーキ殺人は、宇喜田が出世のために、事件のスピード解決
を図ろうと野上芽衣子を生贄にしたのか、もっと背後に複雑な要因が
絡んでいるのか。

実行犯の金谷も、首謀者の名前を言わずに自殺を選んだことから、
単なる快楽殺人ではないでしょう。

野上家は警察関係者の一家だったのか。
死んだのは芽衣子の義兄と甥だから、義兄が警視庁の人間だったのか。
でも、ケーキを誰が食べるかなんて、犯人にコントロールできないからなあ。
そして、なぜ当時未成年だった芽衣子が犯人に仕立てられたのか、
まだナゾが解明できていないので次回も楽しみです。

 


同じカテゴリー(ギルティ)の記事画像
ギルティ 最終回(第11話) 感想
ギルティ 第10話 感想
ギルティ 第9話 感想
ギルティ 第8話 感想
ギルティ 第6話 感想
ギルティ 第5話 感想
同じカテゴリー(ギルティ)の記事
 ギルティ 最終回(第11話) 感想 (2010-12-22 20:38)
 ギルティ 第10話 感想 (2010-12-15 22:26)
 ギルティ 第9話 感想 (2010-12-08 20:30)
 ギルティ 第8話 感想 (2010-12-01 21:56)
 ギルティ 第6話 感想 (2010-11-17 20:50)
 ギルティ 第5話 感想 (2010-11-10 20:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。