映画 沈まぬ太陽 感想

2011年02月12日/ 実写映画
昨夜、映画「沈まぬ太陽」を見ましたので感想など。

沈まぬ太陽

昨夜はフジテレビ系でR-1グランプリ、ものまね紅白、TBS系で
ドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」が放送されると知り、迷ったのですが
この映画「沈まぬ太陽」を観ることにしました。
あと、テレビ朝日系では映画「ドラえもん のび太の人魚大海戦」が(笑)

とりあえず、長い、長いよ、長過ぎる。
事前に分かっていたとは言え、4時間近くも見終えて疲れました。
CMを除いて多少短くなると考えても、こんな長いのを映画館で放映したんですね。
途中でトイレに行ったら、ストーリーから置いてきぼりにならないでしょうか。

そして、私の率直な感想は「爽快感もなければ感動も無かった」です。
架空の航空会社と言っていても、誰が見たって日本航空がモデル。
フィクションなんだから、グダグダ感まで似せなくても良いのではないでしょうか。
結局、会社の体質は根本から変えられず、恩地(渡辺謙さん)もまたアフリカへ
左遷され、改革の成果があまり感じられなかった。

会社の重役や、省庁の役人、政治家らの俳優陣は、なるほどドラマでよく見かける
顔ぶれで納得しました。しかし、あまりに多くの人を出し過ぎたために、誰が
誰だったか混乱しました。何の役か字幕が出ていましたが。

結局、いい人そうに見えた利根川首相(加藤剛さん)も、自分の利権?立場?を
守るため、自ら呼び寄せた国見会長(石坂浩二さん)を切ったということですね。

原作の小説があるので、話を大きく変えられなかったのなら、映画化はしない
方が良かったのではないでしょうか。私のようなちっぽけな市民目線からすると、
ああいう利権に群がる連中を、バッサバッサと斬り捨てて爽快な結末を
見たかったのです。

唯一の救いが、松雪泰子さんや松下奈緒さんのCA制服姿が可愛らしかったこと(笑)
しかし、いつからスチュワーデスという言い方をやめて、キャビンアテンダント(CA)
という呼び名に変わったのだろう。どうでもいいですね。

案外、「ドラえもん」の映画を観た方が感動できたかも。疲れました・・・

【出演者】(敬称略、順不同)

渡辺謙、鈴木京香、草笛光子、柏原崇、北村匠海、戸田恵梨香、小田島舞、三浦友和、松雪泰子、神山繁、柴俊夫、横内正、津嘉山正種、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、風間トオル、山田辰夫、菅田俊、松下奈緒、烏丸せつこ、野村宏伸、小日向文世、増田修一朗、吉家章人、福井晋、工藤俊作、平賀雅臣、佐藤恒治、蒲生麻由、野村修一、森永健司、加藤剛、小林稔侍、品川徹、中野誠也、小野武彦、矢島健一、田中健、渡辺いっけい、上川隆也、嶋尾康史、木村多江、音無美紀子、中村世緒、吉川史樹、清水美沙、鶴田真由、東幹久、佐藤芳江、宇津井健、市山貴章、中村倫也、立石凉子、坂俊一、和泉ちぬ、阿南健治、長谷川初範、秋本奈緒美、桂南光、秋野暢子、蟹江一平、高杉航大、志賀廣太郎、小島聖、大橋亘、諏訪部仁、関口篤

 


同じカテゴリー(実写映画)の記事画像
アウトレイジ最終章 ファッキンジャップくらい分かるよバカ野郎!
ごくせん THE MOVIE 感想
映画「プリンセス トヨトミ」の感想
SPACE BATTLESHIP ヤマト(映画)をテレビで見た感想
映画「あずみ」が深夜に放送
映画「第9地区」の感想
同じカテゴリー(実写映画)の記事
 アウトレイジ最終章 ファッキンジャップくらい分かるよバカ野郎! (2018-01-05 23:20)
 映画「永遠の0(ゼロ)」の感想など (2015-08-31 23:46)
 映画「小さいおうち」を見ました (2015-03-02 09:00)
 ごくせん THE MOVIE 感想 (2012-06-30 06:35)
 映画「プリンセス トヨトミ」の感想 (2012-05-13 13:49)
 SPACE BATTLESHIP ヤマト(映画)をテレビで見た感想 (2012-04-12 06:32)

この記事へのコメント
nervさま、TB有難うございます。お返ししました。
一昨年見た私も、家人につきあってもう1回見ましたが、確かに長い!そして、最初から時間が行きつ戻りつして、筋が判りにくいでしたね。もっと素直に作れないのでしょうか。日航にバックアップされたので、あまり露骨に表現できなかったか?マア海外ロケは、航空運賃ただなので、見た目ほどお金は掛からないかも(笑)
Posted by Bianca at 2011年02月12日 12:20
Biancaさま、こちらこそTBを承認いただきありがとうございます。
映画館でご覧になった方のブログを拝見すると、途中10分間の休憩があったようですね。ホント長かったです。
日航が制作に協力していたのは知りませんでした。
むしろ、訴訟も辞さないと何かでチラッと読んだのですが、それは原作者の山崎豊子さんに対するものだったのでしょうか。
まあ、とりあえずこの映画の2度目を見ることはないでしょう・・・
Posted by nerv46nerv46 at 2011年02月12日 14:24
TB有難うございました。
あれだけ会社に貢献した人に対する
冷徹な会社の対応に憤りを感じました。
そんな状況の中で自分の信念を貫き通した
姿勢は感動しました。
Posted by シムウナ at 2011年02月12日 17:59
シムウナさま、こちらこそどうもありがとうございます。
そうですね、自分の信念を貫き通した恩地はカッコ良かった。
だけど、そのかっこ良さを打ち消すかのように、色んなものを詰め込み過ぎな感がありました。
Posted by nerv46nerv46 at 2011年02月12日 18:48
お久しぶりです。前回は意地悪をしてしまったかのような振る舞い、此方こそ平にご容赦願えたらと思います。
お体はお変わりありませんか?

沈まぬ太陽…実は私
映画館でも観ました。
流石大作だけあり、途中トイレ休憩を10分設けられていました。無かったから、かなり厳しいですよね。


原作ファンからは映像化しない方が良かったという意見が
やはり多かったようです。


映画観た人にしか解りませんが、ノーカットというわりには
所々…ハショられてたのは
気のせいじゃないと思います。


うちの地元だけかも知れませんが、仮にも世界最大の単独航空機事故…未だに原因不明な事故を取り扱っているのに
放送の合間に航空会社が、料金のCMを流したのには、気を失いそうになりました。民放は確かにスポンサーありきですが、どうなの、それってと


仰るように、ストーリー自体不消化の感が否めませんが
結局、現実ってあんなもんなのかなと…そういう意味ではリアルなのかもしれませんね。


昭和の感じが出ていて良かったのではないかと思います。


松雪&松下さんのコスプレ(違)は、確かに良かったですよね。
同じ女性として
スタイル良くて綺麗で憧れます。


明日の、大切なことは~のレビューも楽しみにしております。それでは!


追伸


個人的に、夏実のペースに流されるのが心地良かった修二が、教師としての社会的地位を失う事で、初めて自分の頭で、自分はどうしたいのか考え動いてみたら面白い展開になるのにと思ってます。


女二人にボロボロにされる、三馬君がみたい訳ではないのですが、14歳の母といい
恋空といい
三馬君は、女にボロボロにされる役回りが多いですよね。振り返ると…


三馬&戸田ちゃんの役を、向井&松下ゲゲゲ夫婦に変えてみたら、意外とシックリきそうな気が、最近してきました。

やっぱり二人とも、年齢的に教師役は厳しいような気がします。(童顔だし)
Posted by YU-KI at 2011年02月14日 02:18
YU-KI さん、いつもコメントありがとうございます。

>前回は意地悪をしてしまったかのような振る舞い
いえいえ、専門外の者の誤認を正していただいたので気にしてません。突っ込み大歓迎です。

>所々…ハショられてたのは
TVで放送されたのは、完全版じゃなかったんですか。カットされた部分が気になりますが、あの長いのをレンタルDVDでもう一度見る気力が無いです…

>放送の合間に航空会社が、料金のCMを流したのには
確かにありました。日航じゃないけどどこかの航空会社のCMが。

>そういう意味ではリアルなのかもしれませんね。
現実に、日本航空はいったん潰れました。あくまでモデルですので、日航とはっきり言ってしまうと関係者にお叱りを受けますね(汗)

>昭和の感じが出ていて良かったのではないかと思います。
全体の感想はともかく、そういった部分の、映像での再現は私も良かったと思います。

>松雪&松下さんのコスプレ(違)は、確かに良かったですよね。
逆に男性陣はおじさんばかりで、女性にはどうだったんでしょう(笑)

>明日の、大切なことは~のレビューも楽しみにしております。
大したこと書いてないんですけどね。寝込まない限り何か書きます。

>夏実のペースに流されるのが心地良かった修二が、
前回までの流れだと、少なくともあの高校からは去らないといけないですね。法律に詳しくないので、あれが事実なら柏木先生は何か罪に問われるのでしょうか。ならば懲戒免職も有り得ますし。

>三馬君は、女にボロボロにされる役回りが多いですよね。
すみません、かろうじて「14歳の母」の最終2話を見たくらいの知識しかなくて・・・私は「ブラッディ・マンデイ」の印象が強いです。

>三馬&戸田ちゃんの役を、向井&松下ゲゲゲ夫婦に
ゲゲゲは見てないのですが、あれくらいの年齢なら、婚約者という設定に納得です。

>やっぱり二人とも、年齢的に教師役は厳しいような
三浦春馬さんはギリギリいいかなと思えますが、戸田恵梨香さんが私には「うーん」ですね… 彼女の他のドラマや映画での好きなキャラはたくさんあるので、単なる戸田さん批判ではないのですが。
Posted by nerv46nerv46 at 2011年02月14日 11:54
ハショられていたのは、台詞の細かい部分なので見直さなくても良いと思います(ただ、台詞の細かい部分をハショってもノーカットと呼べるんだなぁと)


演技力がない
もしくは浅い、顔と一時人気の若手の演技を観て違和感タップリに過ごすよりは
中堅や古参さんの演技の方が安心して観られますね。今回の場合、昭和の大手企業の時代背景や重厚感がマッチしていて良かったと思います。



それにいつの世にも、オジ好きはいますから(*^_^*)



個人的には、今の若手俳優さんたちは、演技力の大幅な低下が見られますから
この子たちのうち
何人が生き残れるのか
日本演劇界の看板を背負っていけるのか心配です。(ユースケサンタマリアさんや、上地さんの例もありますから一概には言えませんが)
Posted by YU-KI at 2011年02月18日 11:43
YU-KI さん、いつもコメントありがとうございます。

カットされていた部分のセリフを覚えてらっしゃるとは、記憶力がいいんですね。うらやましいです。最近物忘れが激しいので。

演技力うんぬんを言える立場にありませんけれど、素人目で見ても「うーん」という役者さん?は居ますね。
演出家や監督がよくOKをして、また電波に乗っけたなあという・・・

自分が演技をしろと言われたら、おそらくセリフ棒読みだと思うので、プロの役者さんには「さすが」と思える仕事をしてもらいたいですね。
Posted by nerv46nerv46 at 2011年02月18日 12:33
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。