犬を飼うということ 第3話 感想

2011年04月30日/ 犬を飼うということ
テレビ朝日系ドラマ「犬を飼うということ スカイと我が家の180日」の第3話の感想など。

犬を飼うということ

最近物忘れが激しく、また文章を書くのが億劫になってきたので、第3話で起きたことを
思いつくままに箇条書きにしてみます。

・幸子(水川あさみ さん)が勤務先のスーパーで倒れる
・幸子が診療費を払おうとするも110円足りず同級生の堀田(田口淳之介さん)に借りる
・スカイが嘔吐。眞子(久家心ちゃん)は獣医の奈良橋(杉本哲太さん)に診せる
・スカイを診せた帰り道で迷子になる
・労組の会社批判をやめさせるよう命令される勇次(錦戸亮さん)
・労組と繋がりの深い窪田(泉谷しげるさん)を懐柔するよう命令する上司の野崎(吹越満さん)
・勇次は会社のやり方に嫌気が差し「退職願」を提出する
・長男・大(山崎竜太郎くん)は、同級生をいじめているところを眞子に見られる
・幸子の体調不良は、第3子の妊娠が原因

スカイと眞子がトラックに轢かれそうになったその瞬間、場面が急に変わって眞子が
泣きじゃくりながら団地の敷地内を歩くシーンに。
眞子は助かったけれど、スカイは轢かれたのかと思いました。
そしたら、ああいうことで一安心。

勇次は野崎に「うまくいかなかったらお前がクビ」と言われていたので、自ら辞めなくても
解雇になるのを待てばよかったのに。
「解雇予告手当」を請求できたし、職安へ行けば待機期間なしで失業保険が支給されるから。
そんな事務的な話をドラマに持ち込んだら、つまんないですね。

ポメラニアンのスカイと、眞子ちゃんには毎回癒されます。
スカイ&眞子が行方不明になった時、団地の自治会の人たちが優しかったのは意外でした。
勇次は会社を辞めてしまってどうするのでしょう。3人目の子どもまで出来てしまって。

▼主題歌
関ジャニ∞「マイホーム」

▼出演者(敬称略)
錦戸亮(NEWS/関ジャニ∞) 水川あさみ 田口淳之介(KAT-TUN) 久家心 山崎竜太郎 武田航平 風見しんご 鹿沼憂妃 杉本哲太 泉谷しげる 吹越満 大島蓉子 森脇英理子 庵原涼香 大森暁美 渡辺哲

 


同じカテゴリー(犬を飼うということ)の記事画像
犬を飼うということ 最終回(第9話) 感想
犬を飼うということ 第8話 感想
犬を飼うということ 第7話 感想
犬を飼うということ 第6話 感想
犬を飼うということ 第5話 感想
犬を飼うということ 第4話 感想
同じカテゴリー(犬を飼うということ)の記事
 犬を飼うということ 最終回(第9話) 感想 (2011-06-11 06:21)
 犬を飼うということ 第8話 感想 (2011-06-04 19:30)
 犬を飼うということ 第7話 感想 (2011-05-28 20:35)
 犬を飼うということ 第6話 感想 (2011-05-21 19:52)
 犬を飼うということ 第5話 感想 (2011-05-14 12:00)
 犬を飼うということ 第4話 感想 (2011-05-07 23:35)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

第3話
犬を飼うということ 〜スカイと我が家の180日〜 第3話 【Happy☆Lucky】at 2011年04月30日 18:14


『大切な家族の失踪』

内容
飼うことが禁止されている団地で、スカイツリーを公然と飼い始めた本郷家。

ある日のこと。。。妻・幸子(水川あさみ)が倒れたと
パート先のスーパーの...
犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜 第3話 【レベル999のgoo部屋】at 2011年04月30日 18:31
「大切な家族の失踪」 幸子(水川あさみ)がパート先のスーパーで倒れ、高校時代の同級生・堀田(田口淳之介)が務める病院に運ばれた! 堀田によれば、過労と睡眠不足からくる立ちく...
犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~ #03 【ドラマハンティングP2G】at 2011年04月30日 20:12
この記事へのコメント
大島蓉子さんでは? 芙蓉の芙でなくて蓉のほう
Posted by asd at 2011年05月01日 16:50
asdさん、ご指摘ありがとうございます。

間違いには自分でも気付きまして、訂正したつもりですが、
1~2話の感想で訂正漏れがあるのかも知れませんね(汗)
あとで見直します。
Posted by nerv46nerv46 at 2011年05月01日 17:13
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。