名前をなくした女神 最終回(第11話) 感想

2011年06月22日/ 名前をなくした女神
フジテレビ系ドラマ「名前をなくした女神」最終回(第11話)の感想など。

名前をなくした女神

「この物語は 悪魔のようなママ友たちに 秋山侑子が戦いを挑んだ 一年間の記録」

「目指すのは明峰幼稚舎の現役合格ただひとつ!」

「女王の教室」と「ドラゴン桜」風に言ってみました(笑)


安野ちひろ(尾野真千子さん)の夫・英孝(高橋一生さん)が、バスの中で
女子高生のお尻を触った理由が明らかにされましたね。

「なるほど、そうきたか!」と思わず膝を打ちました。
「ムカつく先生を陥れるために、理科準備室で胸を触られたと騒げば多分クビになる」
そんな女子高生の携帯電話での会話を聞いてしまった安野英孝。

ちょうど自分も、あらぬセクハラ疑惑をかけられていた最中だったので、
ついカッとなり、あの女子高生のお尻をバスの中で・・・というワケでした。
何か合法的に、あのバカ女子高生をとっちめる方法はなかったのか…

一方、沢田利華子(りょう さん)は、ますます負のスパイラルに巻き込まれます。
バイトの女性が、百貨店の催し物に出品する大事な商品の発注を忘れたのでした。

また、このバイト女がふざけていて、自分の大失態をメールで利華子に告白。
そして「あわせる顔が無いので、辞めまーす」とメールひとつで逃げました。

さらには明峰幼稚舎の入試当日、空斗(今井悠貴くん)が海斗を連れてどこかへ
行ってしまったのでした。
利華子と夫の圭(KEIJIさん)は、二人を必死に探すも、入試には間に合いません
でした。夕方になってようやく自宅前で二人を見つける利華子。
空斗の言い分は「健太君の願書を破る、卑怯なことをお母さんがしたからだ」。

結果、明峰幼稚舎を受験したのは、健太、爽、彩香の3名。

合格発表の当日、秋山侑子(杏さん)、安野ちひろ(尾野真千子さん)、
本宮レイナ(木村佳乃さん)はパソコンから、受験番号とパスワードを入力し…

今のご時勢、ネットで合格発表も当たり前になったんですね。
校内の掲示板に貼り出された受験番号を、目で追うのもいいものですけど。
合格したのは、健太と爽。彩香は、繰上げの見込みが薄い補欠合格?

その後、嫉妬に駆られた利華子の行動はエスカレート。
入学手続きの書類がすでに届いている安野家に対し、何も来ていない秋山家。
ちひろ(尾野真千子さん)に「学校に確認したら」と言われる侑子(杏さん)。

侑子が帰宅すると、固定電話に留守電メッセージが1件あり、再生すると、
「こちら、明峰幼稚舎ですが、入学辞退の確認をさせていただきたく・・・」

家を飛び出した侑子は、沢田利華子(りょう さん)の家へ。
ちょうど車で帰宅したところの利華子に侑子は、「私、何かした?」と問うと、
「してないんじゃない?」と返す利華子。
次回予告にも使われていたこのシーン。りょうさんの顔に凄みがありました。怖っ。

進藤家では、真央(倉科カナさん)がキャバクラで働くようになり、ひとり留守番
をすることが多くなっていた娘の羅羅。

真央が帰宅すると誰もおらず、台所で湯沸しポットがひっくり返っています。
急ぎ病院へ走る真央。
羅羅のヤケドは大事なかった様子。

キャバクラ勤めが夫の陸(五十嵐隼士さん)にバレ、ビンタを食らう真央。
見栄を張って無理をしてきた真央も、夫や羅羅に言われた言葉に気付きが
あったようで、東京での生活にピリオドを打つことにします。

栃木に帰ることに決めた進藤家。
引越の当日、皆で見送ることになり、子どもらは羅羅に餞別の品を渡します。
夫の陸が所有するデコトラで出発すると、窓から手を振る羅羅を、走って
しばらく追いかける子どもたち。子役たちの泣きの演技が光ります。

見送り後、彩香&本宮レイナと、爽&安野ちひろは去っていき、
二人残された侑子と利華子。
侑子はプイと利華子から顔をそむけています。

すると利華子は、
「ごめんなさい。願書を出さなかったのも辞退の電話も、私…」
涙ながらに、自分の嫉妬からしてしまった行動を謝りました。

新学期になり、明峰幼稚舎に登校する爽&安野ちひろ。
次の瞬間、健太&侑子も登場。

私は「どうせそんなことだろうと思ったよ」と、「千本のっこ」のマネージャー※
みたくテレビ画面に向かってつぶやいてしまいました。
※映画「ラヂオの時間」をご参照

彩香は、母のレイナと同じ山吹女学院に入ったようですね。
いつ受験してたんだろう。まあ細かい突っ込みは無しで。

ナゾとして残ったのは、本宮レイナと結城先生(萩原聖人さん)の密会写真を
メール添付で一斉送信した犯人。
進藤真央が自分の携帯から送ったなら、メルアドでバレバレじゃないですか。
なので、携帯からネットに接続して、ヤフーメールのようなフリーのメルアドから
送信したのかなあと想像しました。

当初は、一番とんがっていた本宮レイナ(木村佳乃さん)が、最後にはすっかり
丸くなっていましたね。娘の彩香に御守を渡すときに、
「これは合格の御守じゃなくて、彩香が頑張ってきたことが全部できる御守」
とか言いながら渡していたし。いいお母さんじゃないか。

まあ、大団円の結末で平凡と言えば平凡ですけれど、どこかで終わりを
作らないといけないし、途中が面白かったので私はとても満足しています。

最近で言うと「熱海の捜査官」とか、「SPEC(スペック)」とか、「美しい隣人」
みたいにワケ分からん結末のドラマは、頭の弱い私には理解が及ばなくて…
それはそれで楽しかったんですけどね。

◆キャスト
健太君ママ・秋山侑子(杏さん)
爽君ママ・安野ちひろ(尾野真千子さん)
羅羅ちゃんママ・進藤真央(倉科カナさん)
海斗君ママ・沢田利華子(りょう さん)
彩香ちゃんママ・本宮レイナ(木村佳乃さん)
秋山拓水(つるの剛士さん)
本宮功治(平山浩行さん)
進藤陸(五十嵐隼士さん)
安野英孝(高橋一生さん)
沢田圭(KEIJIさん(EXILE))
結城広己(萩原聖人 さん)
東郷百合子(夏木マリさん)
ほか

◆脚本
渡辺 千穂 (『泣かないと決めた日』『赤い糸』『東京リトル・ラブ』など)

◆音楽
井筒 昭雄 (『流れ星』『ジョーカー~許されざる捜査官』『ラスト・フレンズ』など)

◆主題歌
アンジェラ・アキ 『始まりのバラード』 (EPIC RECORDS)

◆オープニングテーマ
Alice 『moving on』(SMEレコーズ)


 


同じカテゴリー(名前をなくした女神)の記事画像
名前をなくした女神 第10話 感想
名前をなくした女神 第9話 感想
名前をなくした女神 第8話 感想
名前をなくした女神 第7話 感想
名前をなくした女神 第6話 感想
名前をなくした女神 第5話 感想
同じカテゴリー(名前をなくした女神)の記事
 名前をなくした女神 第10話 感想 (2011-06-15 06:35)
 名前をなくした女神 第9話 感想 (2011-06-08 23:58)
 名前をなくした女神 第8話 感想 (2011-06-01 12:20)
 名前をなくした女神 第7話 感想 (2011-05-25 06:25)
 名前をなくした女神 第6話 感想 (2011-05-18 06:25)
 名前をなくした女神 第5話 感想 (2011-05-11 06:25)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

 11話(最終話)

JUGEMテーマ:エンターテイメント

名前をなくした女神 11話(最終話) 【Happy☆Lucky】at 2011年06月22日 11:48
そしてママ友地獄は続くのであった・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
何も悪い事は・・・「してないんじゃな〜い」by利華子 なのだけど
ついつい人の反感を買ってしまう侑...
名前をなくした女神 最終話:5人の女、最後の答え 【あるがまま・・・】at 2011年06月22日 14:42
「5人の女、最後の答え」  侑子(杏)は、明峰学園幼稚舎の願書を利華子(りょう)に破り捨てられた。利華子は、夫の圭(KEIJI)から離婚届を突きつけられて大きなショックを受けてい...
名前をなくした女神 第11話(最終話) 【ドラマハンティングP2G】at 2011年06月22日 16:47

『5人の女、最後の答え』

内容
明峰学園幼稚舎の“お受験”の日がやって来た。
健太(藤本哉汰)爽(長島暉実)彩香(小林星蘭)
それぞれ。。。両親たちからエールを送られ、“お受...
名前をなくした女神 第11話(最終回) 【レベル999のgoo部屋】at 2011年06月22日 17:40
この記事へのコメント
私も、名前をなくした女神を見ています。とっても良かったと思いました。来週もやるので、見ます。確かにイジメは、よくないので止めた方がいいと思います。来週もよろしくお願いします
Posted by 鈴木夏未 at 2011年10月03日 16:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。