JIN 仁 完結編 最終回(第11話) 感想

2011年06月27日/ TVドラマ
TBS系ドラマ「JIN 仁 完結編」最終回2時間スペシャル(第11話)の感想など。

JIN 仁 完結編

鑑賞し終えて率直な感想は、「なるほど、そういうことにしたんだぁ」ですね。
「泣けた、感動した」という感情にはならず、寂寥感も残らず、といったところ。
「タイムスリップした理由を、どう説明するのだろう」というただ一点を知りたくて
見続けた感があります。

冷めた感想に聞こえるかも知れませんが、「泣けた、感動した」とウソをついても
仕方ないので。これはあくまで、全部終わってから残った感想です。

なので、見ている途中で感情の起伏はありました。
たとえば、橘咲(綾瀬はるか さん)が銃で腕を撃たれ、当初は大したことが
ないと思われたのに、ペニシリンが効かない緑膿菌に感染していたことが
判明した場面は、その後の展開を体を乗り出して画面に見入りました。

「ホスミシンがあれば」とつぶやく南方仁(大沢たかお さん)の言葉も虚しく
段々弱っていく咲。もしかしたら、南方仁は撃たれた腕の切断を決意するかも
知れないと思い、心配になりました。
「まだ将来のある咲に、それだけは勘弁してあげて~」と。

あと、史実をダラダラと描かなかった点を評価したいと思います。
彰義隊と薩摩軍を中心とした官軍の戦いが少し描かれていましたが、最後の
将軍・徳川慶喜が出てきたり、戊辰戦争を描いたりしていたら、
「タイムスリップの結末に時間を割けよ」と画面に向かって文句を言っていた
でしょう。

空から聞こえてくるような坂本龍馬(内野聖陽さん)の声に従い、
橘恭太郎(小出恵介さん)に「錦糸町はどっちですか?」と聞く南方仁。
「錦糸堀ならあちらです」と恭太郎の指差す方へ向かうと、水掘ではなく
空堀で、堀の斜面に頭から突っ込んでいくように飛び込むと、現代の
錦糸公園へタイムスリップ。

すると、現代から幕末へタイムスリップした時とは状況が変わっている様子。
「入院中に小説を書こうと思う」と南方仁は、後輩の医師(山本耕史さん)に、
架空の話として、自分に起きたことを他人の知恵も借りて解明しようとします。

ホワイトボードを使って解説する後輩の医師が言うには、
「パラレルワールド」の間をタイムスリップしているということではないか?
とのこと。「それで?」と更に詳細な解説を求める南方仁に、
「ご自分の書く小説でしょう?」と呆れられます。

この辺りで、「そういうことにしたんだぁ」と思ってスッキリしました。
元からしてタイムスリップするなんて無茶な設定ですから、辻褄合わせは
納得できれば何でもいいんですけど。

南方仁は、自分の居なくなったその後を知るために、図書館で文献を
読み漁ります。すると、ペニシリンは英国のフレミングが発見したものの、
日本ではすでに土着の薬として使用されていたという記述を発見。

また、「仁友堂」の名前や、仁友堂で活躍した医師として山田純庵
(田口浩正さん)、佐分利祐輔(桐谷健太さん)らの名前も文献に見つけます。
ですが、自分自身、南方仁や橘咲の名前を見つけることは出来ません。

仁が橘家のあった場所へ行ってみると、そこは「橘醫院」となっており、
そこから野風または友永未来(中谷美紀さん)によく似た女性が出てきたので
「話を聞かせて下さい」と懇願するのでした。

橘家の歴史を聞くと、橘咲は生涯独身で、野風の産んだ子・安寿を野風の
死後に養子として迎え入れたとのこと。

どうりで、野風さんにその人はソックリなわけです。
むむ、待てよ、橘家の跡取りの恭太郎はどうしたんだ?
恭太郎も生涯独身だったか、結婚しても子が居なかったかということか。
ならば、橘家の本来の血筋は絶えてしまって、野風の子・安寿の血筋が
橘家を継いで来たことになりますね。

橘咲から自分へ宛てた手紙を読んでむせび泣く南方仁。
だけど、咲も仁の記憶が曖昧で、名前も忘れてしまって「○○先生へ」とは
なんとも寂しいです。

まあそんなこんなで、「そういう総括にしたのね」というのが、やはり私の
正直な感想です。

▼出演者(敬称略)
大沢たかお 綾瀬はるか 中谷美紀 内野聖陽 小出恵介 桐谷健太 藤本隆宏 市村正親 中村敦夫 佐藤隆太 市川亀治郎 麻生祐未 小日向文世 佐藤二朗 田口浩正 宮沢和史 相島一之 黒川智花 石丸謙二郎 伊澤柾樹 橋本真実 吉澤悠 奥田達士 斉木テツ 中江大樹

▼主題歌
「いとしき日々よ」平井堅

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

JIN -仁-の最終回ですが2時間スペシャルで長いですが、感動的な大団円だったと思います。時を越える悲恋とJINだけにジーンときましたが、幕末維新で西郷隆盛(藤本隆宏)率いる官軍の江...
JIN -仁- 第11話・最終回 感想「歴史は、奇跡でつくられる。あの江戸が、帰ってくる。」 【一言居士!スペードのAの放埓手記】at 2011年06月27日 08:52
わしらはおるぜよ 見えんでも聞こえんでも いつの日も 先生と共に
「JIN -仁-(完結編)」第11話 最終回後編 橘咲は先生をお慕い申しておりました 【バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)】at 2011年06月27日 09:16
帽子を被って公園のベンチに座っていた男は、謎の包帯男の方ではなく、今回江戸から戻って来た仁だったんですね~。最初から揺るぎないラストは決まってたってことが分かる。「戻るぜ...
『JIN-仁-完結編』 最終回 【美容師は見た…】at 2011年06月27日 09:48
 いやはや、とうとう「JIN -仁- 完結編」が終わってしまいましたね。
 途中から原作とのストーリーの違いが、最初は細かい所だったのが、最終的にはストーリー自体も原作と思い切...
ドラマ JIN -仁- 完結編第11話(最終回) 【たかいわ勇樹の徒然なる日記】at 2011年06月27日 10:06
 ども。がっつり2時間、飽きることなく見れて、すっきりしたすももです。

 いやぁ・・・、生きたな、って感じです。仁先生は江戸の時代を生き抜いた。本当にそんな感じがしま ...
JIN〜仁〜 【FULL OF LOVE】at 2011年06月27日 12:40
終わってしまった・・・。切ない・・・。 謎は全て解けたんですけど、咲さんと幸せになって欲しいと思い始めていたので、かなり切ないです。咲さんは幸せだったんだろうか・・・。 し...
JIN ~仁~ 第11話 【シフォンなキモチ】at 2011年06月27日 13:36
最終話「完結~時空の果て…
150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」
                             視聴率26.1%
  
   ...
「JIN-仁- 完結編」最終話 【またり、すばるくん。】at 2011年06月27日 13:41
お慕い申しております------------!!



今期最高のドラマの最終回。


本当に熱のこもった丁寧な作りで最後まで見せてくれたなぁと言う感じで、今このラストを迎えて、なんとも言えない...
ドラマ「JIN-仁-」完結編 第11話(最終回) 感想「完結 時空の果て…」 【★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★】at 2011年06月27日 14:05

『完結〜時空の果て…
 150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末

内容
頭痛が酷くなっていく一方の仁(大沢たかお)
咲(綾瀬はるか)は、何も出来ず、、、ただ見...
JIN−仁− 第十一話(最終回) 【レベル999のgoo部屋】at 2011年06月27日 17:24
日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック JIN-仁- DVD-BOX あらすじ
JIN~仁~ 完結編 第11話 「完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」 【青いblog】at 2011年06月27日 19:33
JIN−仁− 完結編 最終話後編 DOG DAYS 最終話
〔最終話感懐〕いざなわれし義の仁の物語 【義風捫虱堂】at 2011年06月27日 20:25
『JIN-仁- 完結編』この器は生きていたのやも知れませぬ。 日に日に頭痛が悪化し脳の岩が進行していた南方仁@大沢たかおは、橘咲@綾瀬はるかの得意料理・揚げだし豆腐の入った器 ...
あなたに吹く風よ あなたに咲く花よ あなたと追いかけた明日よ(JIN-仁- 完結編#11最終回) 【|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο】at 2011年06月27日 21:01
完結〜時空の果て・・・150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末
『JIN−仁−』(完結編)最終話 【悠雅的生活】at 2011年06月27日 21:01
26日ドラマ「JIN -仁-」最終話は江戸無血開城後旧政府軍は反旗を翻す機会を伺っていた。そんな中仁は残された命を自ら得ている医療知識を伝える事に極力していた。そんな中上野で ...
「JIN -仁-」神に試された医師の奇跡咲瀕死の重傷に龍馬に導かれ現代に戻った仁はそこで未来と再会し咲の想いと歴史を自ら変えた事を知ったのだった 【オールマイティにコメンテート】at 2011年06月27日 21:02
 
ううむ、よかったと思うけれど、何か引っ掛かる。すっきりしない。ドラマとしてのタイムスリップの辻褄合わせの部分が…。
 
並行する無数の時間の流れがあり(パラレルワー ...
TBS「JIN −仁− 完結編」第11話(最終回):最終章 後編 〜完結 時空の果て… 150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末 【伊達でございます!】at 2011年06月28日 08:28
この記事へのコメント
ありゃりゃ、原作ぶち壊しエンドなのですね。


観んで良かったかも。
Posted by KAITO1412 at 2011年06月28日 01:04
KAITO1412さん、コメントありがとうございます。

私は原作を読んでいないのでショックはありません。
もし読んでいたら、「ええっ、そこは勝手に変えないでよ」とか文句
言っていたんでしょうね・・・
Posted by nerv46nerv46 at 2011年06月28日 09:34
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。