ドラマ「犬の消えた日」 感想

2011年08月13日/ TVドラマ
終戦ドラマスペシャル「犬の消えた日」の感想など。

犬の消えた日

このドラマに引き続き、映画「硫黄島からの手紙」まで見てしまったので、
戦争ドラマをかなり見た昨夜でした。
「硫黄島からの手紙」は、DVDですでに見ていたのですが。。

この「犬の消えた日」、何かに似ていると思ったら、昨年放送された
「さよなら、アルマ」に一部似ていますね。
軍用犬として徴用された犬の名前が「アルフ」で、「アルマ」に似ています…

大人の主要キャストは、いろんなドラマで見かける方々でしたが、松倉家の
一人娘・さよ子の子役さん、どこかで見たなあと思ったらあのドラマ。

少し前に終わった江口洋介さん主演の「スクール!!」で、手下の男子児童を
使って、クラスのいじめを主導していたリーダー役の女の子でした。
あ、そうだ、西島秀俊さんも「スクール!!」に教師役で出演されてました。

さて、軍用犬が戦地で活躍していたのは「さよなら、アルマ」」でも描かれて
いたので知っていましたが、一般の犬も徴用されていたのをはじめて知りました。

実際に徴用した犬の毛皮で作った防寒コートがドラマの中で紹介され、
自分がもし犬を飼っていたらと思うと切ないですね。
小学生の時に、わが家でも犬を飼っていましたので。

先日放送された「この世界の片隅に」と共通して思ったのが、いかにも軍人
という人たちの登場シーンや、戦地での戦闘シーンが少なかったことです。
それは、この後の「硫黄島からの手紙」でたっぷり見られましたけど。

満足度としては、昨年の「さよなら、アルマ」の方が上ですね。
このドラマのアルフは徴用されるまでの登場で、あとは戦地での写真で
出てくるのみ。写真を撮ったという中尾明慶さん演ずる兵士の大怪我に
同情が移ってしまって、アルフがどうでも良くなっていた気が…

アルフがおそらく戦死して、つづいて雑種の「とうあ」の登場なのですが、
興味が分散されてしまった気がしました。

たとえ雑種でも、一般に飼われている犬まで没収されて毛皮にされた
事実を知ることができ、その点は勉強になりました。

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

この記事へのコメント
「犬の消えた日」はダメだな、最初の日本軍の快進撃がないし、これじゃあ日本が最初から負けていたとなってしまう。それにレイテ沖海戦の映像?で、なんと神風特攻隊が敵艦隊に突入している映像がレイテ沖海戦にされている!!すごくあたまにきた!それに日本兵を悪者あつかいをしている!こんなものを見たあとで日本兵に感謝できる?と聞かれたら、ぜったいに感謝できないという答えしか出てこなくなってしまう恐ろしいドラマだった。最後に「命は生きるためにある」というセリフについて、特攻隊を何だと思ってそれを言ってるんだああああああ!「犬の消えた」日を見ている途中にそれを言いながらチャンネルを変えた。見るんじゃなかったと後悔した。とうとう日本のテレビ局も終わりだと思った。このドラマを見て、「おかしい」と思った人は真の日本人です。
Posted by 桜花 at 2011年08月16日 13:25
桜花さん、コメントありがとうございます。

このブログは、ドラマ、映画、マンガ、アニメ等の感想を事実誤認も
含めて軽く述べる主旨でやっております。
事実誤認に関しては、訪問された皆様の暖かいご指摘にいつも
助けられています。

重たい話題に関しては、コメントを控えさせていただきたく…。
ただ、ドラマ中の誤りについての補足説明はとてもありがたく
思っています。ありがとうございました。

桜花さんのご意見に何かある訪問者様は、この後に続いてどうぞ。
Posted by nerv46nerv46 at 2011年08月17日 09:38
毛皮にされるなんて、とてもかわいそう・・・・と思いました。
私も前犬を飼っていたのでもしそんなことに使われたら
・・・・・・・・・・って思うとかわいそう・・・・
と思いわした。
Posted by きい at 2011年08月28日 14:47
かわいそう
Posted by ヴぉす at 2011年08月28日 14:49
きいさん、ヴぉすさん、コメントありがとうございます。

戦争中は、犬の毛皮をコートに使わなければならないほど
モノがなくて困っていた時代だったようです。

殺されるのが分かっていて、飼い犬を連れて来いと言われたら
かわいそうで仕方ないでしょうね。
Posted by nerv46nerv46 at 2011年08月29日 12:12
原作の小説では、アルフのほかに、アルフの弟、フリッツという名前の犬も出てきます。原作のほうが感動ですね。
Posted by もんも at 2011年08月30日 18:28
もんもさん、コメントありがとうございます。

へぇ、あのドラマには原作の小説があったのですか。
全く知りませんでしたので、情報ありがとうございました。

機会があれば読んでみたいと思います。
と言いつつ、ナカナカ読まないんでしょうけど(汗)
Posted by nerv46nerv46 at 2011年08月30日 19:09
悪い点

冒頭の犬の解説は絶対にいらないと思う。

日本軍を悪く描きすぎている。すがくんを殴ったのは朝鮮人だな。

すがくんの歌が下手。しかしキャラだから仕方なし。

親子揃って非国民すぎる。こんなことしててよく生きていけたな。

出征兵士を送る歌しか軍歌を知らないみたいだ。

芝居が下手。

犬くらいでがたがた言いすぎ。防寒着が犬ならまだいいべ?ナチスはユダの髪の毛だぜ?

女学生の軍艦が下手すぎる。歌えないなら出すな。


眉毛の無い兵隊。

反戦を猛プッシュしすぎて引く。

お涙頂戴が見え見えの演技。

鉄兜の下の戦闘帽の被りかたが逆。陸軍なので確実。

ラストが無理矢理すぎる
Posted by 桜花 at 2011年12月08日 17:35
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。