細かすぎて伝わらないモノマネ 第17回大会 感想

2011年10月07日/ ものまね番組
昨夜、フジテレビ系列で放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の、
「細かすぎて伝わらないモノマネ 第17回大会」を見た感想など。

細かすぎて伝わらないモノマネ

やはりテンポ良さで、他のものまね番組は敵いませんね。
ネタが終了したら、床板が開いて出場者は落下。ムダなコメント、点数付け一切無し。
次から次へと出場者が出てくる流れが見ていて気持ちいい。
自分にはイマイチなものまねも、さーっと流れていくし。

やはり、少しはK国ネタを練りこんでくるあたりはフジテレビだなと(笑)
新体操モノマネの人が、いつもは中国や欧州の体操選手をものまねしているのに、
なぜか今回はK国の体操選手でした。

よくよく考えれば、何が面白いかサッパリ分からなかったK国の軍隊シリーズも
そうだったのか。
露骨にK-POPモノマネを押し込んでこなかった点は評価しています。

途中に「きたなトラン」を挟んで、前半と後半に分けるのかと思いきや、
一気に全部やり通した点も良い。

さすがにネタ切れしたとのことで、元・日ハムのイースラーのものまねが見られ
なかったのは残念でした。ヴァーヴァ、ヴァッヴァヴァヴァヴァ、ヴァーヴァヴァ(笑)

世界陸上は興味が無くて全く見ていませんでしたが、織田裕二さんがどんな
ぶっ飛んだコメントをしていたのか、山本高広さんが再現してくれると楽しみ
でしたが、あまりやってくれませんでした…。残念。

菅野美穂さんのものまねを見たあとで、「きたなトラン」に御本人が出ていた
ので少し笑えました。
他の女優では、篠原涼子さんのものまねが似てましたね。
真矢みきさんは、ちょっと何か違う気がします…。雰囲気は分かりますけど。
小雪さんのものまね(CMでの)は何故か笑えます。

「きたなトラン」で平井理央アナ御本人が出ていたので、「細かすぎて」で
モノマネした人がいかに似ていなかったかがバレた格好に…。
司会者陣には結構ウケていたようですが。。

博多華丸さんは、児玉清さんが亡くなったので、さすがにもう出来ませんね。
しかし、ローカルなサウナのモノマネされても全く分からない。
女の人がやってた雀荘の店員のモノマネも同じく。

見てなくて知らないけど笑えるモノマネと、知らないからイラつくモノマネの
分岐点って何なのでしょうねえ。
箱根駅伝における、関東学連のスタッフとかは知らなくても笑えました。
代走みつくにさん、メガホンネタが尽きちゃったのかなあ。

名古屋の一般人・牧田さんには、落合監督のモノマネをやって欲しかった。
1974年のドラゴンズの選手はさすがに分からない。年配の人にはウケたかな。

他の野球関連では、イチロー選手のモノマネは細かい所作まで似てた。
あと、古賀シュウさんの中村紀洋選手も似てました。
私は長嶋三奈さんのことあまりよく知らなく、あんなしゃべり方かどうかも
分からないので、優勝というのがう~ん、何とも言えません…

あとは何がありましたっけ?
そうだ、B級室外機の音って(笑)
確かに古い室外機が、けたたましい音で回っているのをたまに見かけます。

次長課長の河本氏はもういらない。
ついでに、「すべらない話」からも抜けて欲しい。(失礼!)

次回は年末にあるとのこと。
ダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズとかぶったら、「細かすぎて」を
優先して見るつもりです。


 


同じカテゴリー(ものまね番組)の記事画像
12年ぶり復活!ものまね王座決定戦!芸能界日本一は誰だ?の感想
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2012/03/24 感想
細かすぎて伝わらないモノマネ 2011/12/29 感想
ものまねグランプリ~ザ・トーナメント2011 感想
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2011/09/27 感想
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2011/03/18
同じカテゴリー(ものまね番組)の記事
 細かすぎて伝わらないモノマネ&ものまね王座決定戦の感想 (2012-12-29 23:07)
 12年ぶり復活!ものまね王座決定戦!芸能界日本一は誰だ?の感想 (2012-07-07 06:37)
 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2012/03/24 感想 (2012-03-25 06:35)
 細かすぎて伝わらないモノマネ 2011/12/29 感想 (2011-12-30 06:30)
 ものまねグランプリ~ザ・トーナメント2011 感想 (2011-12-28 06:38)
 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2011/09/27 感想 (2011-09-28 06:28)

SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。