幸福の黄色いハンカチ(阿部寛 版) 感想

2011年10月11日/ TVドラマ
昨夜、日本テレビ系列で放送された「幸福の黄色いハンカチ」の感想など。

幸福の黄色いハンカチ

オリジナルの映画版は、何回テレビで見たことだろう。
「ルパン三世 カリオストロの城」といい勝負。
それくらい見ているので、話の筋も結末も全部知っていました。

結論から率直に申しますと、やはりオリジナルに勝つのは厳しいという印象。
配役からすると「結婚できない男」と「白い春」を混ぜた感じ。
「白い春」からは遠藤憲一さんだけか。。でも、前科者という設定が。
オリジナルの映画版からは、役を変えて武田鉄矢さん倍賞千恵子さんがご出演。

設定を細部で変えていましたが、花田欽也が蟹の食あたりで下痢になるのを
早くも冒頭で使ってしまって、ややがっかり。

と言うより、花田欽也を今風のフリーターへと設定を変えたことで、映画版で
花田欽也を演じた武田鉄矢さんのガツガツ、ギラギラした若者の貪欲さが
すっ飛んでしまったのが残念に思いました。

濱田岳さんもなかなか面白かったですけどね。
牛のフンがあると知らず、そこへ大の字に寝転んでしまったくだりなど。

映画版では、ヤケになった花田欽也が、貯金をはたいてマツダのファミリアを
新車で購入して旅に出かける設定でした。

そして、花田欽也(武田鉄矢さん)が蟹の食あたりで下痢になり、野グソ(笑)を
している時に、小川朱美(桃井かおり さん)がファミリアを運転してぶつけて
しまうんです、確か。

それを大人気なく欽也(武田鉄矢さん)が怒りまくって、朱美(桃井かおり さん)を
泣かせてしまう場面が可笑しくて仕方ない。
あの、もわーっとした感じの桃井かおりさんの言い訳がまた良い。

あのシーンをどう再現するんだろうと期待していたのですが、
車は小川朱美(堀北真希さん)の持ち物で、運転も彼女がしていたので
「あの場面の再現は無しか…」とそれもがっかり。

せめて、花田欽也(濱田岳さん)が小川朱美(堀北真希さん)を泣かせた時に、
島勇作(阿部寛さん)が代わりに運転することになり、免許失効状態で運転して
警察へ島勇作が連れて行かれる、オリジナルの設定を尊重しても良かった。

最近はコンプライアンス(法令遵守)がどうのとうるさいから
番組作りも窮屈になってしまったのでしょうか。
リアルにTOKIOの山口達也さんが、免許失効で書類送検されましたし。。

それにしても、不審人物というだけで島勇作(阿部寛さん)が警察に連行される
という設定に合点がいきませんでした。

映画とドラマの違いだなあと思えたのは、寡黙な男のはずの島勇作が、
結構長いセリフで、過去の出来事を説明的にしゃべりまくったこと。
まあそこは、テレビドラマだから仕方ないと思いました。

高倉健さんの演じた役を、阿部寛さんが、というのは結構ハマっていた
と思います。まあ、個人的に阿部寛さんの演ずる役が好きですし。

ラストの、黄色いハンカチを見つけた時の音楽が、チャラくてうるさ過ぎた
ようにも感じました。一瞬、無音になるくらいの演出の方が感動を誘うのに。
オリジナルの見過ぎです(汗)

十分な評価を受けている作品をリメイクするのは難しいようですね。
「犬神家の一族」は、恐ろしいほどオリジナルをなぞるようにリメイク
してコケていました。

そういう点では、設定を細かに変えたこの「幸福の黄色いハンカチ」の
リメイクは、評価されても良いのかも知れません。
映画版を見ていない人には、新鮮で感動できたのかも。
しかし、見てない方は機会があれば映画版もぜひご覧下さい。
お勧めです。

▼キャスト(敬称略)
島勇作:阿部寛
小川朱美:堀北真希
花田欽也:濱田岳
島光枝:夏川結衣
小川早苗:荻野目慶子
山倉:遠藤憲一
洋介:水上剣星
田所:でんでん
照代:草笛光子
行商のあばちゃん:中村玉緒
房江:倍賞千恵子
渡辺署長:武田鉄矢


 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

この記事へのコメント
この名作をリメイクする勇気はすごい
でもやっぱり、やっぱり・・申し訳ないけどオリジナルをいじらないほうが良かった
阿部さんと堀北さんは、ドラゴン桜とロクちゃんがピークだろう
最近の作品はいつも同じ表情で惹きつけられない演技
この作品で、見せつけてくれるとほのかな期待も最初から崩れ去った
夏川さんは画面になじんでたなー
この人は女優だって気がした
やっぱり、ここまで演技派揃えた映画版を超えなくとも、
同じように感動させる作品に仕上げるには無理があったのかもしれない
若い人にこの名作を見て下さいという宣伝になるのならいいが・・
Posted by ほうがっこ at 2011年10月12日 14:45
ほうがっこさん、コメントありがとうございます。

>申し訳ないけどオリジナルをいじらないほうが良かった

確かに。
これだけの役者さんが揃ったのなら、全く別のオリジナルな話で
ドラマを作った方が良かったかも。

ただ、リメイクだから「どんな風にリメイクしたのか?」とお客さんを
呼べた面もあると思います。
視聴率が良かったか悪かったか知りませんが・・・


「ドラゴン桜」は私も大好きな作品です。
当作品の阿部寛さんは”普通”という印象。
言われるとおり、夏川結衣さんは頑張ってました。


>若い人にこの名作を見て下さいという宣伝になるのならいいが・・

そうなると良いですね。
Posted by じろうじろう at 2011年10月12日 19:03
映画の感想ではないので、不適切なにば削除ください。
私ども夫婦には、子供がいなく、長年不妊治療をしてきました。しかし、妊娠しても流産する度に妻の落胆は、見てられないほどでした。結局は、ホルモンバランスを崩して不妊治療は諦めることになりました。そんな時に、ある養護施設から4歳の女の子を里子として預かることになりました。最初は、週末の2日間だったのが、そのまま9歳まで預かりましたが、ほんのちょっとした行き違いで、児童相談所に虐待の疑いで、施設に戻されてしまいました。長い間、本当の親子のように暮らしていて、急に子供が居なくなり、我が家は暗く、夫婦の会話もなくなりました。そんな、ある日に昔の幸せの黄色いハンカチの映画のことを思い出し、ベランダに黄色いハンカチを何十枚も干しました。娘が戻ることは、叶わないことと分かっていたのですが、何かにすがるようなおもいで・・・。それから1年、何と娘はタクシーに乗って帰ってきたのです。施設から脱走したのです。本当に、幸せの黄色いハンカチはあったのです。今、そのハンカチはいろんな人に分けて手元には1枚もありませんが、きっと誰かが幸せになっていると思います。
つまらない話でしたね
Posted by 本当にあった幸せの黄色いハンカチ at 2011年10月22日 09:14
コメントありがとうございます。

こんな話を拝聴すると、今自分の抱えている悩みのなんと小さいことかと反省させられますね。
Posted by じろうじろう at 2011年10月24日 12:17
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。