家政婦のミタ 第9話の感想

2011年12月08日/ 家政婦のミタ
日本テレビ系列で放送された「家政婦のミタ」第9話の感想など。

家政婦のミタ

三田(松嶋菜々子さん)の悲運な過去の告白から一夜明け、
阿須田家の面々は食卓に集まり、時計を見つめて午前7時に
なるのを待ちます。

しかし、「お暇をいただきます」と言った言葉どおり、三田は
午前7時になっても現れませんでした。

家政婦紹介所に電話をした恵一(長谷川博己さん)は、もう一度
三田さんを派遣して欲しいと依頼しますが…。
翌日「家政婦のミタです」と言って現れたのは、同姓で別のミタさん。
人の良さそうなおばさんでしたが、帰ってもらいました。

もういちど家政婦紹介所へ電話して、晴海(白川由美さん)に
どういうことかと尋ねると、彼女は姓が同じミタで、
「下の名前はタミで、上から読んでも下から読んでもミタタミ」
ととぼけます。

あの三田さん(松嶋菜々子さん)はどうなったのかと追及すると、
「三田灯は別の家で働くことが決まった」と告げられます。
晴海明美の「アレがアレでね」とやたら「アレ」を使うキャラは
なかなか面白くて好きです(笑)

阿須田家の皆がある朝、家の前に出ると、なんと三田の姿を
隣家の前で見つけます。
隣のババァこと、皆川真利子(佐藤仁美さん)の家で働いて
いるようなのです。なんというドラマな偶然(笑)

子どもたちは「ウチに戻ってきて欲しい」と懇願するものの、
「皆さんとはもう関係ありません」と冷たく言い放つ三田。

阿須田家の子どもらは、三田が隣家から何かを盗んだように
見せかければクビになるだろうと、真利子の息子・翼と遊ぶと
かこつけて隣家へ上がり込むも、帰宅した真利子から
追い出されて作戦は失敗。

三田が居なくなったと知ったうらら(相武紗季さん)は、家へ
やってきて食事を作ると張り切るのですが、台所を汚しまくって
その上料理も、まともなものが出来る様子はなく…。

そこへやって来た父の義之(平泉成さん)に、
「お前も少しは空気を読め」と言って連れ帰されるのでした。

恵一(長谷川博己さん)はどうやら、工事現場の現場監督の
ような仕事を見つけて働き始めた模様。

そこへ、うらら(相武紗季さん)が買ってきた弁当を差し入れに
やってきました。建設会社の社長(半海一晃さん)からは
「ラブラブだな」とからかわれますが、「義理の妹です」などと
弁解はせず。

阿須田家のことについてあれこれ心配するうららに対し、
自分たちで何とかすると、やんわり断る恵一でした。

一方、隣家の皆川家では、妻の真利子が夫の浮気を調査
しろと三田(松嶋菜々子さん)に命令します。
「承知しました」と従う三田。
探偵みたいなことも請け負うんですね、三田さん。

接待ゴルフと称し、若い女性とゴルフにレストランでの食事、
そしてホテルへ消えるまで、バッチリ写真に収めた三田は、
真利子の夫・功(池田政典さん)が女性とした会話内容を、
オヤジギャグまで含めて真利子に報告。

それを聞いた真利子は逆上し、
「夫を殺して。いや私も死ぬわ。なら、翼も置いていけない」
「一家心中するから家に火をつけて」と三田に命令します。

息子の翼の誕生日に、腕をふるって料理を作った三田。
皆川家の家族団らんの誕生会かに見えたのですが、三田が
リビングに灯油をまきはじめました。

「本当にやるとは思わなかった」
「そんなこと平気でするあなが死ねばいい」と身勝手な発言の
隣のババァ(皆川真利子)。

いつだったか海斗が、「三田さんは破滅を望んでいるのでは?」
と予想したとおり、三田(松嶋菜々子さん)は灯油を自分の体に
かけはじめ、ろうそくの炎を自分に近づけようと…。

そこへ阿須田家の子どもらが駆けつけ、三田の行動をやめさせ
ようと必死に彼女の手を掴んで放しません。
結(忽那汐里さん)や翔(中川大志くん)、海斗(綾部守人くん)、
そして希衣(本田望結ちゃん)の涙ながらの説得。

「いい加減にして下さい!」
はじめて三田が大声をあげて怒りました。
しかし、皆の説得は続きます。

説得はいいんだけど、その前に誰かろうそくの火を吹き消そうよ。
危ないから(笑)

すると警察が突入してきて、三田は連行されるのでした。

世間に恥を晒したくない皆川家は、大ごとにしなかったため、
三田(松嶋菜々子さん)は桜台警察署から釈放されます。
おお、私が東京に住んでいた時、練馬区桜台は近かった!

警察署前で、恵一(長谷川博己さん)は
「子どもたちを危ない目に遭わせたあなたを私は怒っています」
「だからもう一度ウチに来て働いて欲しい」と言いました。

翌朝、食卓で阿須田家の面々は時計を見つめ、午前7時に
なるのをじっと待っています。しかし、7時になっても三田は現れず。
直後、家のチャイムが鳴り、期待して皆が玄関へ押し寄せると
以前一度来たミタ・タミさんが来ていました。

なんでもハンカチを以前に置き忘れたとかで。
帰り際、「あかりちゃんが家の前に居ますよ」と言います。

玄関の前へ皆が出ると、そのとおり三田(松嶋菜々子さん)が。
すると、彼女は再び阿須田家で働く条件をつけます。

「皆さんと一緒に食事はしません。
一緒に出かけることもしません。
笑えと言ってもそれは無理です。
それでもよろしいですか?」と。

久し振りに三田の作った朝食を「おいしい」と食べるみんな。
家族が出払い、三田が台所で洗い物をしていると、
食卓に亡くなったはずのダンナと息子の姿を見ます。

驚いて皿を床に落として割ってしまう三田(松嶋菜々子さん)。
三田さんが幻影を見るようになったとは・・・

やはり今回も楽しませてくれました。
少しほろっとさせられる場面もありましたし。
今期のドラマで「11人もいる!」と「家政婦のミタ」は
私の中で2トップです。

▼キャスト(敬称略)
三田灯………松嶋菜々子
阿須田恵一…長谷川博己
結城うらら……相武紗季
結城義之……平泉成
晴海明美……白川由美
阿須田結……忽那汐里
阿須田翔……中川大志
阿須田海斗…綾部守人
阿須田希衣…本田望結
阿須田凪子…大家由祐子
皆川真利子…佐藤仁美
皆川翼………中西龍雅
皆川功………池田政典

松嶋菜々子 家政婦ミタ 帽子
シンプルコットンワークキャップ ミリタリーキャップ CAP 男女兼用 メンズ レディース 帽子 ハット カジュアル アウトドア 無地  セール 即納
シンプルコットンワークキャップ ミリタリーキャップ CAP 男女兼用 メンズ レディース 帽子 ハット カジュアル アウトドア 無地 セール 即納

DUVETICA(デュベティカ)DOWN JACKET ダブルファスナー ダウンジャケット 「ティア」 FOSSILE[THIA 034]

DUVETICA(デュベティカ)DOWN JACKET ダブルファスナー ダウンジャケット 「ティア」 FOSSILE[THIA 034]

家政婦のミタ ショッピングバッグ

家政婦のミタ ショッピングバッグ



 


同じカテゴリー(家政婦のミタ)の記事画像
さよなら「家政婦のミタ」&本編 最終回(第11話)の感想
家政婦のミタ 第10話の感想
家政婦のミタ 第8話の感想
家政婦のミタ 第7話の感想
家政婦のミタ 第6話の感想
家政婦のミタ 第5話の感想
同じカテゴリー(家政婦のミタ)の記事
 さよなら「家政婦のミタ」&本編 最終回(第11話)の感想 (2011-12-22 06:32)
 家政婦のミタ 第10話の感想 (2011-12-15 06:35)
 家政婦のミタ 第8話の感想 (2011-12-01 06:31)
 家政婦のミタ 第7話の感想 (2011-11-24 06:34)
 家政婦のミタ 第6話の感想 (2011-11-17 06:27)
 家政婦のミタ 第5話の感想 (2011-11-10 06:30)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

「約束通り、お暇をいただきます----------------」



壮絶な過去を語った三田。


それは視聴者すら息を呑むような内容で・・・前回はついに今年のドラマの中で最高視聴率をたたき出した今...
ドラマ「家政婦のミタ」 第9話 感想「最終章の始まり!一筋の涙…炎の中で私を死なせて」 【★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★】at 2011年12月08日 09:03
ミタさんに感情が…((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク
9話では怒って、10話では泣き、最終回には笑えるといいですねーって大平Pが言ってたけど
今回は怒るだけでなく、涙を浮かべたり、...
家政婦のミタ 第9話:最終章の始まり!一筋の涙…炎の中で私を死なせて 【あるがまま・・・】at 2011年12月08日 12:46
笑いあり涙あり・・・いい最終回だった・・・!
(最終回ではありません)
面白かったです。
ミタタミ現る――(゚∀゚)――!?
誰あのおばさん(ry
には驚きましたwwww

...
家政婦のミタ 第9話 【なんでもあり〜な日記(カープ中心?)】at 2011年12月08日 14:15
10時またぎで松平健の「マツケン・マハラジャ」をぶつけて来るとは、「FNS歌謡祭」抜かりなし 27.6%と19.9%だったか。『家政婦のミタ』あなたはあなたのやり方で、必死に家族を愛し ...
踊れマハラジャ、ミタサンバ!(家政婦のミタ#8・9) 【|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο】at 2011年12月08日 15:22

『最終章の始まり!一筋の涙…炎の中で私を死なせて』

内容
自分の過去を全て告白した三田(松嶋菜々子)は、翌朝、阿須田家に来なかった。
恵一(長谷川博己)結(忽那汐里)たちは...
家政婦のミタ 第9話 【レベル999のgoo部屋】at 2011年12月08日 17:28
#9「最終章の始まり!一筋の涙…炎の中で私を死なせて」2012/12/7放送  壮絶な過去を告白して、三田(松嶋菜々子)は阿須田家から去っていった。恵一(長谷川博己)と子供たちは三田の...
家政婦のミタ 第9話 【ドラマハンティングP2G】at 2011年12月08日 19:01
「家政婦のミタ」第9話はお暇を頂いたミタを何とか戻ってきてほしいと恵一が晴海所長に頼むも、翌日来たのはミタはミタでも三田違いだった。そのミタは隣の皆川家の家政婦として ...
「家政婦のミタ」アイス家政婦の完璧業務9いい加減にしてください!結たちは決死の訴えにミタは感情を露わにして涙を流して思い止まり再び阿須田家に戻った 【オールマイティにコメンテート】at 2011年12月08日 19:17
公式サイト ほぼ感想のみ書きます。面白かったです。突っ込みどころも多くて、そうい
家政婦のミタ #9 【昼寝の時間】at 2011年12月08日 19:40
この記事へのコメント
はじめまして ドラマはいつも楽しみに見ています。

はじめは 「この家政婦さん やってる事 ムチャクチャだわ! 犯罪スレスレ・・・いや、もうりっぱな犯罪行為じゃねえか!」  と 三田さんを軽蔑しながらみていました。

 けど、三田さんの過去を知り 三田さんの心情がわかるようになりました。・・・しかも、 三田さんは死にたがっていた描写が あるため ひとりにして 野放しにすると 問題を起こしそうで怖いです!  ホントに・・・

 三田さんの "心の闇"は想像を超えて 深いのも 当然だというのが感想です。阿須田家みたいな キチッと まとまりがある家庭じゃないと この闇は晴らすことはできないな!


 隣家の皆川家で家政婦として来てたけど いつ崩れても おかしくない皆川家じゃ たとえ 何十年 家政婦勤めしても 三田さんの"闇"は消えなかったでしょう(キッパリ!)

 はやく三田さんの"闇"が消えるところをみてみたいっす!
Posted by zebra at 2011年12月16日 01:28
zebraさん、コメントありがとうございます。

偶然か、それとも三田さんの計算どおりかは分かりませんが、彼女のおかげで、もやもやとしていた母親の死について皆で意見をぶつけ合い、それを乗り越えることができました。
そして、以前にも増して阿須田家は団結力を増したと思います。

死んだ母親の父・義之とは和解できたものの、うららが恵一に想いを寄せているという問題が持ち上がりました。
最後まで世話を焼かせるキャラですね。

うららと恵一の関係をどうにかした後、三田さんは阿須田家を去っていくような気がしています。

結局、皆の前では笑った顔は見せず、背を向けたまま去り際に表情を緩ませて微笑むショットで終わると予想しましたがいかに。

最終回が楽しみですね。
Posted by じろうじろう at 2011年12月16日 10:42
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。