ストロベリーナイト 第7話の感想

2012年02月22日/ ストロベリーナイト

フジテレビ系列で放送の「ストロベリーナイト」第7話の感想など

竹内結子 ストロベリーナイト

悪しき実

「ストロベリーナイト」とは全く関係が無いのですが、ここ最近、少しずつ
「薔薇のない花屋」を見返していました。そして、全話の観劇終了。
やっぱいいですわ。第1話から最終回まで、とにかく飽きさせない作り。

涙こそ出ませんが、不覚にもグッときて涙目にはなったと思います。
なので、竹内結子さんというと、ボクの中では「薔薇のない花屋」の
白戸美桜だし、「ストロベリーナイト」の姫川玲子でもあり…。

この第7話は、姫川玲子(竹内結子さん)に白戸美桜の残像がちらついて、
「ちょっと厄介だな」と思いながら見はじめました。
まあ、それも最初だけで、すぐに姫川玲子=竹内結子さんとなりました。

在庁勤務時って、比較的自由なのですね。
康平(丸山隆平さん)と姫川(竹内結子さん)はオセロに興じ、
葉山(小出恵介さん)は昇任試験の勉強、菊田(西島秀俊さん)は
パチンコですから。
石倉(宇梶剛士さん)が居なかったけど、「畑を耕して」いたのか。

姫川が前髪をかき上げて、頭の上でしばらく拳を握ったままの状態で
考え込む仕草が、金田一耕助のようです。

死後硬直って、解けるものなのですね。
私は、伯母が亡くなったとき、布団からお棺に亡骸を移すのを手伝った
経験がありますが、カチコチに固まっていました。
では、あの後、お棺の中で硬直は緩んだのかなあ。

「体の片側だけ」というのがミソなんでしょうけれど、その理由がいくら
考えても分からないので、次回の謎解きまで待ちます。降参…。

木村多江さんは、やはり薄幸な女性がよく似合いますね。
この春川美津代(木村多江さん)が今回のキーマンの模様。

とにかく謎づくめで、素人が数分考えただけではこの事件の謎は
解けませんでした。
頭が弱い方が、ミステリーを楽しめていいやと自分をなだめています…。

生理的に受け付けられない人って確かに居ます。
姿を見るだけ、声が聞こえてくるだけでイライラさせられる人が。

でも、姫川玲子(竹内結子さん)が、日下(遠藤憲一さん)をそう言って
毛嫌いする理由がよく分からない。
言葉で言い表せられないから「生理的に」なのかも知れませんが。
直感で動く姫川が、理屈っぽい日下は嫌いということかも知れません。

警察の世界は階級が上の者が絶対なのか。
年下の姫川(竹内結子さん)は年上の菊田(西島秀俊さん)を呼び捨て
だし、菊田は年上の井岡(生瀬勝久さん)を呼び捨て。
でも、姫川は石倉(宇梶剛士さん)を「石倉」とは呼んでないですよね。
下の名前で「保さん」って呼んでましたっけ?

次回の謎解きが楽しみです。

あらすじ(公式サイトより)

捜査一課の大部屋で姫川玲子(竹内結子)たちの“姫川班”のメンバーは
ゲームなどをしながら暇そうに待機。
そんな時、姫川は監察医務院の國奥定之助(津川雅彦)のもとへ行くようにと
暴力団組長射殺殺害事件の特別捜査本部にいる今泉春男係長(高嶋政宏)
から連絡を受けた。死因不明の遺体が医務院に運び込まれたようだ。

玲子が菊田和男(西島秀俊)を伴って医務院を訪ねると、國奥は早速遺体の
説明を始める。
発見された遺体の首にはロープが巻かれていたため、自殺のようにも見える
のだがそれだけでは断定できないと國奥。
さらに、遺体の片側半分の死後硬直が解けた時間がやけに早いのだそうだ。
國奥は他殺の可能性を疑っていた。

玲子たちが訪ねた遺体が発見された所轄は『暴力団組長殺害事件特別捜査本部』
が設置されている。
そのため、玲子たちへの所轄の人員協力は刑事が一名だけ。
刑事に発見時の事情を聴いた玲子たちは、村田一夫という遺体が発見された
アパートへと向かう。

そこに遺体の指紋から前科者が割れたと葉山則之(小出恵介)から連絡が入る。
村田は偽名で、本名は岸谷清次(松田賢二)という暴力団の構成員だった。
岸谷の死は女性によって報告されている。
そのため、玲子は岸谷がアパートで女と暮らしていたと捜査を始める。


▼主な出演者(敬称略)
姫川 玲子 - 竹内結子
菊田 和男 - 西島秀俊
石倉 保 - 宇梶剛士
橋爪 俊介 - 渡辺いっけい
今泉 春男 - 高嶋政宏
日下 守 - 遠藤憲一
姫川 瑠江 - 手塚理美
井岡 博満 - 生瀬勝久
國奥 定之助 - 津川雅彦
勝俣 健作 - 武田鉄矢
葉山 則之 - 小出恵介
湯田 康平 - 丸山隆平(関ジャニ∞)

エルメス バーキン 35 ルビー トゴ ゴールド金具 HERMES BIRKIN 35
エルメス バーキン 35 ルビー トゴ ゴールド金具 HERMES BIRKIN 35



 


同じカテゴリー(ストロベリーナイト)の記事画像
ストロベリーナイト 最終回(第11話)の感想
ストロベリーナイト 第10話の感想
ストロベリーナイト 第9話の感想
ストロベリーナイト 第8話の感想
ストロベリーナイト 第6話の感想
ストロベリーナイト 第5話の感想
同じカテゴリー(ストロベリーナイト)の記事
 ストロベリーナイト 最終回(第11話)の感想 (2012-03-21 06:31)
 ストロベリーナイト 第10話の感想 (2012-03-14 06:34)
 ストロベリーナイト 第9話の感想 (2012-03-07 06:37)
 ストロベリーナイト 第8話の感想 (2012-02-29 06:39)
 ストロベリーナイト 第6話の感想 (2012-02-15 06:45)
 ストロベリーナイト 第5話の感想 (2012-02-08 07:08)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

ストロベリーナイトですが、暴力団組長が殺害されます。その事件は日下(遠藤憲一)が担当し、姫川玲子(竹内結子)たちは首を絞められた遺体を調べますが、同居していた女(木村多江...
ストロベリーナイト 第7話 感想「悪しき実」 【一言居士!スペードのAの放埓手記】at 2012年02月22日 09:02
Ⅶ「悪しき実」   
「ストロベリーナイト」第7話 【またり、すばるくん。】at 2012年02月22日 09:27
第7話 「悪しき実」

監察医の國奥(津川雅彦)から、不審な遺体があるとの連絡が入る。
ストロベリーナイト 第7話 【emitanの心にうつりゆくもの】at 2012年02月22日 09:52
悪しき実 2012.02.21 Tue On-Air 捜査一課の大部屋で姫川玲子(竹内結子)たちの“姫川班”のメンバーはゲームなどをしながら暇そうに待機。そんな時、姫川は監察医務院の國奥定之助(津川雅...
ストロベリーナイト 第7話 【ドラマハンティングP2G】at 2012年02月22日 16:42
この記事へのコメント
はじめまして。

>姫川が前髪をかき上げて、頭の上でしばらく拳を握ったままの状態で
 考え込む仕草が、金田一耕助のようです。

確かに(笑)姫川が何かを考えてるときの定番ポーズになりつつありますね。非常に面白い感想ですね。

今回姫川班は「B在庁」だったのでしょう。
A在庁(警視庁内で待機)B在庁(待機場所は自由だが、連絡が付き、すぐに出動できる体勢で待機)C在庁(事実上の休暇、自由待機)
「過ぎた正義」で姫川が刑務所に通っていたときは、このBかCの在庁を利用して行っていたみたいですね。

姫川が日下を毛嫌いする理由は、自分とは相容れない価値観の持ち主だということもあるのですが、自分に暴行したレイプ犯に顔が少し似ているというのが理由らしいです(設定では)
日下の「なんなんだ、、あいつは」というセリフからもわかるように、本人はとばっちりだと思っているようですね。

警察は階級社会ですから、年齢とかはあまり関係ないようです。
とは言っても人間関係がありますから、威張っていればいいというものでもない。。
保は姫川よりもかなり年上なので「たもっつあん」と呼んでるのでしょう。菊田は年は上ですけどそんなに違わないし、何より自分に従順なので「菊田」でいいわけですね。
菊田は巡査部長なので巡査長の井岡よりは格上。でも年は菊田より上。
「菊やん」は、まあ妥協の産物的な呼び方なんでしょうね。
井岡は最後のエピソードで巡査部長に昇進します。菊田と同格になるわけですね。
井岡の態度に注目です(笑)
※巡査長というのは警察の正式な階級にはありません。

今回は謎振りの多い内容でしたけど、死後硬直の部分は面白い。
國奥は「右半身を冷やした」と言ってましたが、逆に「左半身を温めた」と考えるとどうでしょう?
次回はそのあたりも明らかになりますね。

また遊びにこさせていただきます。
Posted by IDEA at 2012年02月23日 05:16
IDEAさん、コメントありがとうございます。

>今回姫川班は「B在庁」だったのでしょう。

かなりお詳しいですね。
原作に注釈として書いてあるのでしょうか。
姫川班の時間の過ごし方の分別がよく分かりました。
ありがとうございます。


>顔が少し似ているというのが理由らしいです

それは原作を読んでいないと分からない情報ですね。
遠藤憲一さん、見様によっては、ちょっと怖い顔ではあります。


>年齢とかはあまり関係ないようです。

民間企業ですと、年下上司は年上部下を「さん」付けで呼んで、話すときも敬語です。
私の知っている範囲の会社だけかも知れませんが。


>逆に「左半身を温めた」と考えるとどうでしょう?

春川美津代(木村多江さん)が遺体に寄り添っていたのかな?などと考えてみましたが、部屋に冷房を入れて遺体に添い寝ってヘンなので多分違いますね。
原作を読まれているなら、ネタバレはなにとぞご勘弁を!(笑)
Posted by じろうじろう at 2012年02月23日 12:57
こちらにコメント失礼します。
一言だけですが、、

「保さん」と言ってました。

興味深い感想でした。
Posted by yume at 2012年02月23日 23:28
yumeさん、情報ありがとうございます。

ぼんやりそんな記憶があったのですが、きちんと確認できて
スッキリしました。やはり「保さん」でしたか。。
Posted by じろうじろう at 2012年02月24日 14:40
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。