ストロベリーナイト 最終回(第11話)の感想

2012年03月21日/ ストロベリーナイト

フジテレビ系列で放送の「ストロベリーナイト」最終回(第11話)の感想など

竹内結子 ストロベリーナイト 最終回 第11話

こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか~ソウルケイジ(解決編)

最終回でしたけど、終わった気がしないのが不思議です。
また来週も、チャンネルを合わせたらやっているような感覚。
シーズン2、3・・と続いている刑事ドラマも多いですしね。

さて、今回は姫川玲子(竹内結子さん)と日下(遠藤憲一さん)が
捜査を推し進めていて、姫川班の面々が出る幕無し。
保さん(宇梶剛士さん)や康平(丸山隆平さん)に至っては、
映っていた記憶がほぼ無い。

まあ、解決編でいろいろ整理することが多かったので仕方ないし、
瑣末なことですね。ただ、”メシ”のシーンがちょっとでもあれば
姫川班の連帯感が出せたかも知れません。

最後は、菊田(西島秀俊さん)が、あろうことか上司の姫川玲子
(竹内結子さん)の頭をナデナデして、二人で和食の店へ。
二人の仲はそっとしておきましょうか。

なんだかとても切ない結末でした。
河川敷のブルーシート小屋に横たわっていた高岡賢一こと内藤和敏
(石黒賢さん)は、三島耕介(濱田岳さん)の「おやじさん!」という
何度も繰り返す呼びかけに全く反応しなかったので、亡くなっていた
と見受けられました。

やはり、自分で左手を切断したことによる失血死なのでしょうか。
死因はそれとも傷口からの感染症かなあ。
とにかく、あの電動のこぎりを手にあてがう場面は、「ウギャー!」と
声こそ出なかったものの、顔をしかめて見ていました。

中川美智子(蓮佛美沙子さん)は、親の残した借金が保険金で
返しきれなかったと、戸部真樹夫(池田鉄洋さん)に難癖をつけられ、
何度も辱めを受けていた様子。

同じ様な被害に遭ったことのある者同士は、通じ合うものがあるのか、
姫川玲子(竹内結子さん)は、まず自分が17歳の時にレイプされた
過去を告白して中川美智子から供述を引き出しました。

中川美智子(蓮佛美沙子さん)を励ますこと通じて、姫川玲子
(竹内結子さん)の心の傷は、多少なりとも癒されたのか、
両親とも積極的にコミュニケーションを取るようになった玲子。

そういえば、ガンテツこと勝俣健作(武田鉄矢さん)の追っていた
田嶋組の事件も芋づる式に解決するのかと思ったら、結局何も
リンクしていませんでした。

ガンテツは、
「姫川のところに居ても上には行けねえぞ。菊田が居るからな」
と言ってノリ(小出恵介さん)に秋波を送っていたように見えました。
最後も偶然を装って、ノリが一人で飲んで居る所へやって来たし。

最終回が終わると、「映画化決定」とあったので、映画ではノリが
ガンテツの班に異動になる前フリなのかと予想。
「また映画化か…」とちょっと白けましたけどね。。

火曜・夜10時のドラマシリーズは終わってしまいましたが、映画で
まだ続くようです。私はレンタルで見ると決め込んでいます。

ストロベリーナイト 最終回(第11話) あらすじ(Yahoo! テレビ より)

玲子(竹内結子)による、高岡の実家付近への聞き込みで、意外なことが判明した。今まで「高岡」だと思っていた人物は、実は別人だった。玲子は「高岡」が、内藤和敏という男で、全身麻痺で入院している20歳の内藤雄太(森義洋)の父親、そして、内藤君江(南風佳子)の弟だと推測する。

13年前、地上げに巻き込まれて高岡賢一は自殺。暴力団のフロント企業である中川建設は、高岡の死が土地取引の障害になるため隠ぺいしたいと考えた。その頃、自分の起こした交通事故で妻を死なせ、息子を全身麻痺にした男がいた。それが、建設作業員の内藤和敏(石黒賢)である。

息子の入院費を工面できずに困っていた内藤に中川建設が近づく。中川建設は、自殺したのは高岡ではなく内藤であるかのように偽装。内藤は、戸籍乗っ取りで「高岡賢一」として生きていくことを決意したようだ。そして、この保険金詐欺により、姉の君江に3000万の保険金を受け取らせ、雄太の入院費にあてたようだ。

おそらくこの保険金詐欺と戸籍乗っ取りのネタで、内藤は木下興業の戸部真樹夫(池田鉄洋)に脅迫されていたのだろうと思われた。

戸部が高岡(すなわち内藤和敏)を殺害したのだろうか?戸部の行方は、今もって分からない。

多摩川で遺体の一部、胴体が発見され、胴体のDNAが「高岡」の左手首のものと一致した。だが、玲子は胴体が「高岡」のものではないと推理する。

▼主な出演者(敬称略)
姫川 玲子 - 竹内結子/菊田 和男 - 西島秀俊/石倉 保 - 宇梶剛士/橋爪 俊介 - 渡辺いっけい/今泉 春男 - 高嶋政宏/日下 守 - 遠藤憲一/姫川 瑠江 - 手塚理美/姫川 忠幸 - 大和田獏/井岡 博満 - 生瀬勝久/國奥 定之助 - 津川雅彦/勝俣 健作 - 武田鉄矢/葉山 則之 - 小出恵介/湯田 康平 - 丸山隆平(関ジャニ∞)

エルメス バーキン 35 ルビー トゴ ゴールド金具 HERMES BIRKIN 35
エルメス バーキン 35 ルビー トゴ ゴールド金具 HERMES BIRKIN 35



 

同じカテゴリー(ストロベリーナイト)の記事画像
ストロベリーナイト 第10話の感想
ストロベリーナイト 第9話の感想
ストロベリーナイト 第8話の感想
ストロベリーナイト 第7話の感想
ストロベリーナイト 第6話の感想
ストロベリーナイト 第5話の感想

同じカテゴリー(ストロベリーナイト)の記事
 ストロベリーナイト 第10話の感想 (2012-03-14 06:34)
 ストロベリーナイト 第9話の感想 (2012-03-07 06:37)
 ストロベリーナイト 第8話の感想 (2012-02-29 06:39)
 ストロベリーナイト 第7話の感想 (2012-02-22 06:32)
 ストロベリーナイト 第6話の感想 (2012-02-15 06:45)
 ストロベリーナイト 第5話の感想 (2012-02-08 07:08)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

事件の裏にある、無償の愛---------。





事件そのものは、前回姫川が推理した通りだったわけで、問題は何故こんな複雑な事件になってしまったのかということ。







発見された胴体が高...
ドラマ「ストロベリーナイト」 第11話(最終回) あらすじ感想「ソウルケイジ3」 【★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★】at 2012年03月21日 07:38
ストロベリーナイトですが、ものすごく分かりにくかったです。ガンテツ(武田鉄矢)が少しだけ出てましたが、不気味にニヤニヤしながら「おまえはさしずめ、腰巾着二号だな〜」と自分...
ストロベリーナイト 第11話・最終回 感想「ソウルケイジ」 【一言居士!スペードのAの放埓手記】at 2012年03月21日 11:04
高岡・・・ヽ(´Д`;)ノうう〜
間違った道に足を踏み入れちゃったとは言え、高岡賢一@石黒賢の父性の強さに泣けた〜
そして、日下の・・・

自己満足とは言え、ただただ守りたい、ただ...
ストロベリーナイト 最終話:こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ 【あるがまま・・・】at 2012年03月21日 14:23
 事件の真相はほぼ予想通り。耕介(濱田岳)と中川美智子(蓮佛美沙子)が、今回の殺人にどれだけ関わっているのかが不明だったが、耕介が美智子を何か(戸部)から守ろうとしていた...
『ストロベリーナイト』 最終話「ソウルケイジ 後篇」 【英の放電日記】at 2012年03月21日 15:08
ソウルケイジ 2012.03.20 Tue On-Air 最終話 あらすじ ※3月20日(火)の最終話放送時間は、夜9時~10時4分(10分拡大放送) 姫川玲子(竹内結子)は、発見された胴体が戸部真樹夫(池田鉄洋...
ストロベリーナイト 第11話(最終話) 【ドラマハンティングP2G】at 2012年03月21日 17:08

『ソウルケイジ』
“こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ”

内容
捜索により、胴体部分が発見された。
DNA鑑定の結果、
すでに見つかっていた高岡(石黒賢)...
ストロベリーナイト 第11話(最終回)ソウルケイジ3 【レベル999のgoo部屋】at 2012年03月21日 18:19
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。