Wの悲劇 第2話の感想

2012年05月04日/ TVドラマ

テレビ朝日系で放送された「Wの悲劇」第2話の感想など

Wの悲劇

初回の視聴率が10.9%だったとのこと。
視聴率の高低に振り回されるのはやめようと思います。でも少し気になる…。
何はともあれこの「Wの悲劇」も「家族のうた」も見続けるぞー!

さて、ドラマ本編。

和辻財閥について、「Doosle」なる検索サイトで調べる倉沢さつき(武井咲さん)。
そして「ウィキペディア」風のサイトで、和辻財閥の資産が2,000億円以上との
記述を見つけてニヤけます。

すると、背後に何か気配を感じたのか、壁一面を覆うくらいの本棚に近付き、
さつき(武井咲さん)は隠しカメラを発見しました。
でも、それに気付かなかったフリをし、わざわざカメラの方に向かって靴下を
なまめかしく脱ぎました。
それを食い入るようにモニターで見つめる与兵衛(寺田農さん)。

しかし、カメラで監視されているとよく見破ったなあ。超能力者なのか彼女は。
あと、パソコンがスッと使えたのが不思議。今までボロアパートに住んでて
インターネットに繋がるパソコンなんて持ってなかったはずなのに。
一条春生(松下由樹さん)の部屋で、PCに慣れたと好意的に解釈しておこう。

話は前後しますが、和辻みね(野際陽子さん)の誕生を祝う宴席で、
和辻繁(金田明夫さん)・卓夫(武田航平さん)父子は有田焼の壺を、
和辻道彦(中村俊介さん)・淑枝(若村麻由美さん)夫妻は着物を、
和辻与兵衛(寺田農さん)はハワイのコンドミニアムをみねにプレゼント。

例年?摩子(武井咲さん)はピアノを弾いてプレゼント代わりとしていた様子。
摩子にスリ替っているさつき(武井咲さん)はピアノを弾けない。
どう切り抜けるのかと思ったら、「今年は歌を歌います」と「Over the Rainbow」
を歌って誤魔化しました。

一方、倉沢さつきにスリ替っている和辻摩子(武井咲さん)は、
立花綺羅々(福田沙紀さん)から「届けて欲しいものがある」と頼まれ
とあるホテルの一室へ、すると部屋には男が居て、ベッドに押し倒されます。
間一髪、刑事の弓坂圭一郎(桐谷健太さん)らが助けに入り、
男を傷害の現行犯で逮捕。

立花綺羅々(福田沙紀さん)の謀略は失敗に終わりました。
しかし、火の付いたタバコを摩子(武井咲さん)の手の甲に押し当てる
(いわゆる根性焼き)など嫌がらせは続きます。

御堂沙耶香(剛力彩芽さん)が突如いなくなって、代役を摩子(武井咲さん)
が急遽務めることになり、周りのダンサーたちとリハーサルなど無しで
一発で華麗にダンスを披露。さすがドラマだ。

摩子(武井咲さん)とさつき(武井咲さん)は、単なるソックリさんでは
なかったんですね。「W」の文字をかたどった刺青が、二人ともくるぶしの
下あたりにあるのでした。
彼女らが大阪市の職員だったら、申告しなきゃいけないですが(笑)

なぜ双子を忌み嫌ったのだろう。
それで妹のさつきは捨てられた模様。
劇中、与兵衛(寺田農さん)がその理由を言ってたような気がしますが
聞き取れませんでした。

「男などという不確かなものに将来を託したくありませんっ」
という摩子=さつき(武井咲さん)の宣言に、男の私はギクッとしました(笑)

Wの悲劇 第2話 あらすじ (Yahoo! テレビ より)

偶然出会った摩子とさつき(武井咲)はお互いの人生を入れ替えて生きることに。
摩子はショーパブでバイトを続けるが、ダンサーの沙耶香(剛力彩芽)や綺羅々(福田沙紀)らは冷ややかな様子。
そして、刑事・弓坂圭一郎(桐谷健太)も、さつきの様子を監視し続けていた。

▼主な出演者(敬称略)
和辻摩子(20) - 武井咲/倉沢さつき(20) - 武井咲(二役)/弓坂圭一郎(31) - 桐谷健太/一条春生(41) - 松下由樹/立花綺羅々(20) - 福田沙紀/御堂沙耶香(20) - 剛力彩芽/レイラ(21) - 森田彩華/クララ(19) - 昆夏美/和辻与兵衛(65) - 寺田農/和辻みね(62) - 野際陽子/和辻淑枝(44) - 若村麻由美/和辻道彦(42) - 中村俊介/和辻卓夫(28) - 武田航平/和辻繁(57) - 金田明夫/間崎鐘平(35) - 高橋一生/木村志乃(32) - 広岡由里子

▼原作 - 夏樹静子「Wの悲劇」(光文社文庫)

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

Wの悲劇ですが、和辻摩子(武井咲)と倉沢さつき(武井咲)の交換人生ゲームは続きます。蓮っ葉なさつきには、豪華シャンデリアが燦然と輝いている邸宅で家政婦が身の回りの世話をす...
Wの悲劇 第2話 感想「資産2000億の女帝」 【一言居士!スペードのAの放埓手記】at 2012年05月04日 09:11
「夏樹静子作~資産2000億の女帝」 2012.05.03放送  偶然出会った摩子(武井咲)とさつき(武井咲・2役)はお互いの人生を入れ替えて生きることに。   さつきに成り代わった摩子...
Wの悲劇 第2話 【ドラマハンティングP2G】at 2012年05月04日 17:46
『夏樹静子作〜資産2000億の女帝

内容
殺人の容疑者となったさつき(武井咲)の前に現れた、
うりふたつの財閥令嬢の摩子(武井咲・二役)
さつきにより“アリバイ”が作られたさ...
Wの悲劇 第2話 【レベル999のgoo部屋】at 2012年05月04日 19:41
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。