家族のうた 最終回(第8話)の感想 

2012年06月04日/ TVドラマ

フジテレビ系列で放送の「家族のうた」最終回(第8話)の感想など

家族のうた

大人の事情で全8話に縮んでしまったけれど、
正義(オダギリジョーさん)の曲が突如大ヒットして・・・
といったように強引な展開にせず、静かに終わらせたのは評価したい。

秀蔵(藤竜也さん)が、息子の真人(山中聡さん)に地面へ1度、2度と
突き倒されても、また起き上がって息子に言葉をかけ続ける場面は
ジーンときました。

少し離れた場所で、正義(オダギリジョーさん)やこころ(杉咲花さん)、
美月(大森絢音さん)に陸(藤本哉汰くん)が見ているのに、
体裁を取り繕わず、恥を捨てて何度も息子にぶつかっていく様が良かった。

秀蔵(藤竜也さん)は正義(オダギリジョーさん)に、
「あんたは自分を捨てた父親を恨んでないの?」と尋ねると、
「物心付く前にもう居なかったから、恨むも何も、何とも思わない」
と答えます。

続けて正義(オダギリジョーさん)は、
「息子はあんたを恨んでる。ということは、
少なくともあんたは感情が動く対象だってことじゃない?」と言います。
ここのやり取りも良かった。

美月(大森絢音さん)がなぜか気落ちしている。
なぜなら、弁当屋で働くこころ(杉咲花さん)の母親(中村ゆりさん)を偶然
見かけてしまったから。

美月の様子がおかしいと気付いた陸(藤本哉汰くん)に促され、
美月はこころにその事実を告げました。

正義(オダギリジョーさん)に「明日、付き合って」と言うこころ。
「ったく、めんどくせぇなぁ」と言う正義。
「今の”めんどくせえ”ってのは”いいよ”って意味だからな!」とキレ気味に
言い直す正義。

弁当屋に母親を訪ねる二人。
しかし、母親の働く姿を見たこころ(杉咲花さん)は、何を思ったのか
引き返そうとします。しかし、母の倫子(中村ゆりさん)が二人に気付きます。
公園のベンチで話をする母子。それを横で聞く正義。

母いわく、弁当屋はバイトだけど、地元の富山で印刷工場の仕事を
地元の友人に見つけてもらったとのこと。

母についていくかどうかで迷ったこころは、正義に相談。
「そんなもんオレには分からない。お前の方が母親をずっと見てきただろ」
と冷たく突き放されます。

秀蔵(藤竜也さん)とその息子のやり取りを見たこころは、何かを感じ取った
ようで、母親についていくことに決めました。

話が縮んでしまった関係だと思われますが、正義(オダギリジョーさん)に
密かに想いを抱いている様子の青田洋子(貫地谷しほりさん)が、
ちょっと中途半端な役どころになってしまいましたね。

あと、三木(ユースケ・サンタマリアさん)にも正義は迷惑の掛けどおしで、
彼の温情に報いることが最後まで出来なかったのが残念。
42,000円も借りたままだしね(笑)

三木は何か見返りを求めていたわけでなく、正義を純粋に応援したかった
と捉えたら、これで良かったのかな。

空っぽになった部屋。
正義(オダギリジョーさん)は二階の寝室の壁に、子どもらが書いた落書き
を見てフッと笑います。

ミジンコ・ブス ミジンコ・ちび ミジンコ・じじい ・・・

この作品が見直されて、スペシャル版で戻ってきてくれるのを期待します。

家族のうた 最終回(第8話) あらすじ(Yahoo! テレビ より)

早川正義(オダギリ ジョー)が所属事務所を辞めたため、社宅を出ることになり引越準備を始めた大澤こころ(杉咲花)、松野美月(大森絢音)、陸(藤本哉汰)、東海林秀蔵(藤竜也)。
あわただしい中、町内会長の花村(ムロツヨシ)が紹介してくれた不動産物件の中から引っ越し先を決めた。

小さなレコード会社に正義が営業に出向くと元マネジャーの三木(ユースケ・サンタマリア)に見つかってしまう。
逃げ出そうとする正義に三木は曲ができたときは聞かせろと告げる。

青田洋子(貫地谷しほり)は、自分の意見は通らなかったものの、撮った新人アーティストのCDジャケットが好評で、別の新人アーティストのジャケット撮影の依頼がきた。
その矢先、インテリア専門雑誌から専属カメラマンとして契約したいとの話が飛び込んでくる。

みんなで「nanja」に食事に来たが、一向に仕事がない正義、息子の真人(山中聡)に会いに行って拒絶されて以来やや元気のない秀蔵を心配するこころと、街で一生懸命に働く大澤倫子(中村ゆり)の姿を目撃したことをこころに言い出せずにいた美月とで、いつもの賑やかさがない。
その夜、秀蔵が真人のイチゴ農園のチラシを手にしているのを見た正義は、気になるならもう一度会い行けばいいと言うが、秀蔵はそれを拒んだ。

後日、1人でイチゴ農園にやってきた正義は、真人に話しかけ…。

▼主な出演者(敬称略)
早川正義 - オダギリジョー/三木康佑 - ユースケ・サンタマリア/青田洋子 - 貫地谷しほり/花村良太 - ムロツヨシ/坂上幸生 - 中島健人(Sexy Zone)/大澤こころ - 杉咲花/松野美月 - 大森絢音/松野陸 - 藤本哉汰/東海林秀蔵 - 藤竜也/水島明良 - トータス松本/水島朝子 - 大塚寧々

▼主題歌
斉藤和義「月光」(スピードスターレコーズ)

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

この記事へのトラックバック
※自動承認です。【楽天ブログ】はTB返しできないので、ミラーブログでご対応下さい。また、スパム認定のブログは削除しています。

8「不器用な父親が唄う愛の歌」   
  
ドラマチックサンデー「家族のうた」最終話 【またり、すばるくん。】at 2012年06月04日 07:38

『不器用な父親が唄う愛の歌』

内容
事務所を辞め、社宅を出ることになった正義(オダギリジョー)。
こころ(杉咲花)美月(大森絢音)陸(藤本哉汰)秀蔵(藤竜也)と暮らす
引っ越...
家族のうた 第8話(最終回) 【レベル999のgoo部屋】at 2012年06月04日 17:41
最終話「不器用な父親が唄う愛の歌」2012.6.03.Sun. on-air 早川正義(オダギリジョー)が事務所を辞めたため、社宅を出ることなり引っ越し準備を始めた大澤こころ(杉咲花)、松野美月(大...
家族のうた 第8話(最終話) 【ドラマハンティングP2G】at 2012年06月04日 19:04
この記事へのコメント
終わりましたねぇ、静かに。

しかし、家族のうた最終回が、サッカー日本代表戦と重なり、さらにオウムの菊池直子の逮捕の速報が重なった日なんて!

これは偶然なのか…

次回は早海さんのスペシャルらしいですね。そういえば、こちらも家族のドラマでしたね。
Posted by 森っ子 at 2012年06月04日 11:46
森っ子さん、コメントありがとうございます。

サッカーはあまり興味が無くて、私には影響ありませんでした。
菊池直子容疑者の確保は、劇中にニュース速報が出ましたね。
あのタイミングで、NHKにチャンネル変えた人は多かったのでしょうか。
最後まで不運に見舞われたドラマでしたね;

「早海さん~」の放映時は、裏のドラマ(運命の人)を見ていたので、早海さんは見てないんです。
スペシャル版で初めて見てみようと思います。
Posted by じろうじろう at 2012年06月04日 12:36
最終回本当によかったです。
その一言に尽きます。
静かな中に明るい未来を予感させましたね。
Posted by ころみ at 2012年06月07日 22:39
ころみさん、コメントありがとうございます。

>静かな中に明るい未来を予感させましたね。

ホントそんな感じでしたね。
ミッキー(ユースケ・サンタマリアさん)を社長にすえて、個人事務所を開設し、正義(オダギリジョーさん)の再ブレイクなんて話も見てみたかった気がします。
Posted by じろうじろう at 2012年06月07日 23:15
SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。