半沢直樹 第7話の感想など

2013年09月02日/ TVドラマ

TBS系で放送されたドラマ「半沢直樹」第7話の感想など

半沢直樹

本当はブログ更新してる場合じゃないんだけどね(;´Д`)
その前に、”八重の桜”と”半沢直樹”を見てる暇があったら仕事するべき
だったんだけどね(汗)

いやあ、でも第7話も楽しめました。
黒崎(片岡愛之助さん)のオネエ言葉にもすっかり慣れて、
もうあまり面白いと思わなくなりました。
露出が一気に増えましたからね。

金融庁検査で、なんだかんだと難癖を付けてくる黒崎に対し、
半沢(堺雅人さん)は部下も動員して対策に奔走します。

疎開資料が半沢(堺雅人さん)の自宅にあるとの内部告発を受け、
黒崎は手下を半沢の住む社宅へ向かわせました。

黒崎の部下の一人は、こめかみにCCDカメラ?を付けて現場の様子を
映像で届けてくれます。
「アンタ、”タイムスクープハンター”かい?」と突っ込みたくなりましたw
ノートPCのモニターで、疎開資料探しの様子を一緒に見る黒崎と半沢。

黒崎の手下が、疎開資料のしまってあったはずのクローゼットを開けると、
半沢(堺雅人さん)もさすがに「ここまでか…」といった苦渋の表情。
しかし、資料の入った段ボール箱が無い!

半沢直樹の妻・花(上戸彩さん)が、「邪魔だから」と実家に
宅急便で送っていたのでした。さすがドラマ。

タミヤ電機に出向している半沢の同期の近藤(滝藤賢一さん)が、
出向先ではなくて”自分の会社”なんだと真剣に経営改善に取り組む姿を見て、
半沢(堺雅人さん)は何かパワーをもらった様子。
前回、近藤に奮起を促したのは半沢でしたが。

近藤と渡真利(及川光博さん)をオフィスに残し、伊勢島ホテルの社長、
湯浅(駿河太郎さん)を深夜にもかかわらず訪問します。
そして、ホテル再建のためには「鬼にでも悪魔にでもなる!」と
湯浅社長に向かって、会長が保有する絵画や不動産の売却を迫りました。

そんなこんなで、120億円の穴埋めに、ホテルの遊休施設の売却や
先代=現会長の絵画・不動産売却で目途が立ったと思いきや、
新たな問題が発生。

画期的な宿泊予約システムの開発を委託していたIT企業、ナルセンが
米国企業から特許侵害で訴訟を起こされ、裁判で”クロ”と判断されれば
会社の存亡も危うい損害賠償金を払わされる模様。

急ぎ伊勢島ホテルへ向かう半沢(堺雅人さん)。
すると、そこには大和田常務(香川照之さん)の姿も。
「この問題について話し合うところだった。キミも話し合いに入りたまえ」
と大和田。

ナルセンの開発中のシステムが導入できなかったら、伊勢島ホテルは
この先どうなるかね?と意地悪な質問を大和田は半沢にします。
「経営は厳しくなる」と答えざるを得ない半沢。

すると、大和田(香川照之さん)は、打開策が1つだけあると切り出します。
金融庁にも確約を得ているのだが、同族経営の悪習を断って、
経営陣の刷新を図れば、1期だけ金融庁は見逃してくれるとのこと。

具体的には、社長の湯浅(駿河太郎さん)が辞任し、
専務の羽根(倍賞美津子さん)が新社長に就任することが条件のようです。

半沢(堺雅人さん)は、湯浅こそが経営再建の要になるべきだと
大和田に訴え、もう少し時間が欲しいと大和田に懇願。

すると大和田は、
「キミは以前に、”地べたを這いずり回ってでも成功させる”と言っていたね。
じゃあ、土下座でもしてもらおうか」と半沢に言い放ちます。

半沢は拳を力強く握り締めて悔しさを押し殺し、
膝を屈して大和田の前で土下座をしました。時間が欲しいと。
次回予告でチラッと見せてた場面を、最後の最後に持ってきましたね。

ううむ?ちょっと待った。
今回の120億円の特別損失は、何が原因だったかと言うと、
羽根専務の株式投資での運用失敗だったハズ。

真っ先に彼女(羽根専務)の責任が問われるべきでしょうが。
即刻クビでしょうよ。

と、まあ、話にヘンな点もありますが、
香川照之さんと倍賞美津子さんの悪役っぷりが、
本当に憎たらしくなるほど好演。

「テメエが株で大損したんだろうが」と
思わず画面に向かってつぶやいてしまいましたもん。。

来週も楽しみです。
こりゃあ、日曜日の夜は仕事が手につかなくなりますわ。
あ、化粧品のCMに、堺雅人さんの本当の奥さん、菅野美穂さんが
出てましたね。

▼主な出演者(敬称略)
半沢直樹:堺 雅人/半沢 花:上戸 彩/渡真利忍:及川光博/黒崎駿一:片岡愛之助/近藤直弼:滝藤賢一/内藤 寛:吉田鋼太郎/岸川慎吾:森田順平/小野寺順治:牧田哲也/坂本新之助:岡山天音/貝瀬郁夫:川原和久/古里則夫:手塚とおる/時枝孝弘:髙橋洋/田宮基紀:前川泰之/野田英幸:利重剛/湯浅 威:駿河太郎/羽根夏子:倍賞美津子/半沢慎之助:笑福亭鶴瓶/中野渡 謙:北大路欣也/大和田 暁:香川照之

 


同じカテゴリー(TVドラマ)の記事画像
エイジハラスメント 第1話の感想など
精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化
軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感
軍師官兵衛 悪い予想が当たった?
HERO(第2期・2014年版) これまで(第7話)の感想など
信長のシェフ/シーズン2 第1話の感想
同じカテゴリー(TVドラマ)の記事
 エイジハラスメント 第1話の感想など (2015-07-12 09:00)
 精霊の守り人 が 綾瀬はるか さんで実写化 (2015-03-03 00:00)
 軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感 (2014-12-31 19:35)
 信長協奏曲 第4話の感想など (2014-11-04 12:34)
 このブログの今後、など・・・ (2014-10-31 23:59)
 軍師官兵衛 悪い予想が当たった? (2014-09-19 09:00)

SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。