TRICK 新作スペシャル3 感想など

2014年01月13日/ TRICK トリック

テレ朝系で放送されたドラマ「TRICK 新作スペシャル3」の感想など

TRICK 新作スペシャル3

久しぶりの投稿となりました。
この間、色んな番組を見たので感想を述べたかったんですけどね~。
年末恒例となった「笑ってはいけない」シリーズとか。
ま、今回はTRICK 新作スペシャル3の感想を述べますね。

先に結論を短く言うと、イマイチでした・・・
新作スペシャル2は良かったんだけどなあ。
イマイチだっという理由を以下に述べます。

トリックもいよいよ「劇場版ラストステージ」を残すのみ。(まだ見に行っていません)
なので、とても期待しました。
2000年からはじまったこのシリーズの集大成となるのか?と。

しかし、見終えた後に「おぉ!劇場版もすぐ見たい!」という気になれなかったんです。
なんでだろう?と考えたときに、
レギュラーキャラの印象が薄かったからでは?と思いました。

確かに、国生さゆりさんの”おニャん子”ネタ、藤田朋子さんの”渡鬼”ネタや、
飯島直子さんの異常にテンションの高いキャラも面白かったのですが、
それがかえってクド過ぎた気がします。

せっかくのトリックなので、上田(阿部寛さん)と山田(仲間由紀恵さん)のコンビや、
矢部(生瀬勝久さん)と秋葉(池田鉄洋さん)のコンビに目立って欲しかった。
ついでに、池田荘のハルさん(大島蓉子さん)やジャーミー君にも
もっと出番を与えて欲しかった。

やはり、怖がりの上田次郎が奈緒子を誘うため、池田荘を訪れるところから
はじまる設定がいい。
今回、奈緒子の部屋の中が一切見られませんでした。
上田の教授室も。それが残念。

元ネタは「犬神家の一族」なのはすぐに分かります。
村の名前からして”尾古溝村”ですからね(笑)
犬神家の一族は、「ルパン三世カリオストロの城」とどちらが多く見ただろう
というくらい何回も見ています。

なので、話の筋が全部頭に入っているんですよね。
ちょっと設定が違いますが、家政婦というか女中の千佳子(朝倉あきさん)が
事件に絡んでいるとすぐにバレたのも痛かった。
犬神家を知らない人には良かったのかも・・・
殺人のトリックも、かなり簡略化された印象。

それは些末なことかな。
やはり、阿部ちゃんと仲間由紀恵さんに、もっとはっちゃけて欲しかったです。
二人のボケ、掛け合いが少なかったのが残念。
大物になった二人に、堤幸彦監督が遠慮したのかなあ。
3姉妹の濃いキャラの方が目立ってました。

今回の設定、ドラマ版の第3シリーズ、「亀山歌」の話に似ていますね。
あちらの方が断然面白かった。

グチグチ不満を述べましたが、随所に散りばめられた小ネタには笑えたし、
新作を作ってくれただけでもありがたい。
最後の劇場版に期待したいと思います。
レンタルまで待たずに、映画館へ見に行きます。

そういえば、
年初に放送の「新参者 眠りの森」冒頭で、加賀(阿部寛さん)のお見合い相手が
山田という女性で、それが仲間由紀恵さんだったのが、
トリックと連動していて面白かったですね。

▼主な出演者(敬称略)
山田 奈緒子 - 仲間由紀恵/上田 次郎 - 阿部寛/矢部 謙三 - 生瀬勝久/山田 里見 - 野際陽子/秋葉原人 - 池田鉄洋/水神 華絵 - 飯島直子/水神 月子 - 藤田朋子/水神 幸代 - 国生さゆり/水神 明 - 福士蒼汰/藤崎 千佳子 - 朝倉あき/佐伯 幸三 - 上條恒彦/神主 - 石田太郎/水神 修介 - 森岡豊/水神 達郎 - 冨家規政/駐在所の巡査 - 丸山智己/池田ハル - 大島蓉子/ジャーミー君 - アベディン・モハメッド/照喜名 保 - 瀬戸陽一朗

 


同じカテゴリー(TRICK トリック)の記事画像
トリック TRICK 劇場版 ラストステージ 観てきました!
事実は小説よりも”えなり”
トリック(TRICK)&チェイス・国税査察官 マニアの妄想 
トリック(TRICK)10周年!ハマってます
トリック新作スペシャル2 期待どおり!
笑った笑った、警部補 矢部謙三
同じカテゴリー(TRICK トリック)の記事
 トリック TRICK 劇場版 ラストステージ 観てきました! (2014-02-10 07:30)
 事実は小説よりも”えなり” (2011-08-16 11:36)
 トリック(TRICK)&チェイス・国税査察官 マニアの妄想  (2010-06-01 07:06)
 トリック(TRICK)10周年!ハマってます (2010-05-21 20:12)
 トリック新作スペシャル2 期待どおり! (2010-05-16 07:03)
 笑った笑った、警部補 矢部謙三 (2010-05-15 12:02)

SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。