映画「小さいおうち」を見ました

2015年03月02日/ 実写映画
昨日、テレ朝系で映画「小さいおうち」を観ました。

映画の直前にやっていた、
くりぃむしちゅーやバナナマンの出ていた番組を見ていた流れで
そのまま観ました。

その番組に流れたVTRのナレーションが、東北訛りバリバリのあき竹城さん。

で、映画の頭の方で、タキ(黒木華さん)が上京するため、雪道を歩くシーンで、

おそらく母親役のあき竹城さんが、
「東京に行ったら、まず、なまりを直さないといがんだべ」
(山形の方、間違ってたらゴメン)

みたいなセリフを言っていたので、そこで笑えました。
前番組のナレーションとリンクしてたんですね。
というか、あき竹城さんを起用した「番宣」だったようで。。


私はこの映画で初めて、黒木華さんという女優をまじまじと見ましたが、
まあ和風な顔立ちで、役にぴったりでした。

名前の読み方は「くろきはる」なんですね。
それも初めて知りました。

印象に残ったシーンというか、切実に感じたのは、
奉公先の主人(玩具会社の常務取締役)がタキに持ってきた見合い話
のくだりです。

お見合いの相手は、離婚したのか妻と死別したのか、とにかく3回目の結婚
という年老いた男性。演じたのは笹野高史さん。

その夜、タキは女中部屋でしくしくと泣きます。
そこへ奥様の時子(松たか子さん)がやってきて、
「そりゃあ、いやよねえ。いやに決まってる。あんな年取った人だもの」
みたいなことを言ってタキを慰めますが、ギクッとしました。

私は笹野さんほど年はとってませんが、
まだ独身で、結婚しない主義とか、男色の気があるとかではなくw、
機会があれば家庭を持ちたいと思っています。

「やっぱ、おっさんは嫌われるかぁ。。」と若干ヘコミましたw


さて、こういうことを言うと、左寄りの方に「ネトウヨ」と言われそうですが、
「南京大虐殺」という言葉を健史(妻夫木聡くん)にしれっと
言わせていたことが気になります。

ならばむしろ、重慶への絨毯爆撃について言及すればいいのに。
こちらは、被害規模の論争はありますが、
無辜の民を巻き込んで殺害したのは確定しているので。


すべて観終えた感想は、「なかなか良くできた話だった」でしょうか。

感極まって胸が熱くなる、ましてや涙を流すところまでは
いきませんでしたね。
決してダメだったとは思いません。

主演は松たか子さんになるんでしょうか。
私には黒木華さんのように思えました。

タキ(晩年:倍賞千恵子さん)の親戚の健史や、夏川結衣さん、
小林稔侍さんが、どういう関係なのかが分かりにくかったですが、
まあ、「親戚」という大雑把な理解でも映画は楽しめました。

すっごい観たかったというわけではないですが、
テレビで見られてレンタル代が浮いたね。
セコっ。

珍しくテレビを長時間みた一日でした。

 
こっそり編集しようかとしましたが、それは卑怯だと思ったので、
追記とします。

私もかなり自虐史観に基づく教育に洗脳されていたようです。

ドラマやアニメ、映画の薄っぺらな感想ならいいのですが、
歴史について浅はかな知識で言及すべきではありませんでした。

上の重慶爆撃に関する記述については撤回します。
詳しくは色んな方々の書かれたものをお読みになることを
お勧めいたします。

同じカテゴリー(実写映画)の記事画像
ごくせん THE MOVIE 感想
映画「プリンセス トヨトミ」の感想
SPACE BATTLESHIP ヤマト(映画)をテレビで見た感想
映画「あずみ」が深夜に放送
映画「第9地区」の感想
映画「アウトレイジ」の感想
同じカテゴリー(実写映画)の記事
 映画「永遠の0(ゼロ)」の感想など (2015-08-31 23:46)
 ごくせん THE MOVIE 感想 (2012-06-30 06:35)
 映画「プリンセス トヨトミ」の感想 (2012-05-13 13:49)
 SPACE BATTLESHIP ヤマト(映画)をテレビで見た感想 (2012-04-12 06:32)
 映画「あずみ」が深夜に放送 (2012-03-18 17:18)
 映画「第9地区」の感想 (2012-03-17 06:37)

SEO目的の記入はご遠慮下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。