行け!稲中卓球部

2009年12月16日/ マンガ
まがりなりにも大学を出させてもらいました。
親に大金を使わせてしまい、今でも申し訳なく思っています。

大学では3年生になると、ゼミなるものに所属することに。
ゼミは、研究したい分野を選んだ少人数制の授業とでも言うべきか。

入りたいゼミに必ず入れるわけでなく、入試ならぬ「ゼミ試」がありました。
人気のないゼミは試験が無かったりしたけど。

ゼミ試には筆記試験と面接がありましたが、面接官のひとりとして
ゼミ試の面接に立ち会う機会がありました。

受験者には履歴書みたいなものを提出してもらうのだけれど、
「好きな本」か「影響を受けた本」みたいなことを書かせる項目があった。

ふざけたことに、その項目へ「稲中卓球部」と書いてきた受験者がいて…
しかも女子学生である(笑)

普通なら、説教の一つでもたれるところだけれど、悪乗りした
面接官のひとりである後輩が、
「『稲中卓球部』と書いてあるけど、これ正確には『行け!稲中卓球部』
なんだよね」
とくっだらない突っ込みをして、内心「やっちまったな」と思いました。

僕も大好きなんですよ、稲中卓球部。
だけど、われらがゼミの威厳が台無しじゃないですか。
面接に居合わせた教授も苦笑いしてました。
というより顔が引きつってたのかも。

稲中卓球部のくだらなさは、ホント大好きです。
原作者の古谷実氏の続作も全て読みましたよ。
「ヒミズ」はかなりシリアスでしたが。

腹を抱えて笑うとは正にこのこと、というくらい笑わせてもらいました。
作者と世代も近いのでしょうね。
ギャグのたとえに出てくる芸能人やスポーツ選手が、
ドン真ん中のストレートにハマりました。

こんなに笑ったギャグ漫画は「まことちゃん」以来だったかも。

行け! 稲中卓球部 全13巻 完結コミックセット (ヤンマガKCスペシャル )行け! 稲中卓球部

 


同じカテゴリー(マンガ)の記事画像
攻殻機動隊2 コミック版
同じカテゴリー(マンガ)の記事
 攻殻機動隊2 コミック版 (2010-07-28 18:05)
 BSマンガ夜話 (2010-01-01 06:40)
 ちびまる子ちゃん 4コマまんが (2009-12-30 06:44)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。