劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明 1時間半ドライブの果てに見たものとは

 
2020年02月05日 / アニメ映画
劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明

1月下旬に見に行ってきました、劇場版メイドインアビスを。
自宅から最も近い上映館は、新幹線も止まる駅の近くで県内随一の繁華街。

繁華街へクルマで行くのは好きじゃないんですよ。
駐車場探しとか面倒くさいし、交通量が多いので運転にも気を付けねばならず。
電車は自宅から最寄り駅まで徒歩20分以上かかるので不便だし。

んで結局、もっと遠くの郊外型ショッピングモールに併設の映画館まで見に行きました。
田舎の生活に慣れると、繁華街へクルマで行くのが億劫になってしまいました。

すると、2/28から上映館を増やすとのアナウンスが。
なんと隣町のクルマで15分の映画館でも上映開始。
もう少し待てば良かったのか_| ̄|○

以下、ネタバレありなのでイヤな方は離脱を。

原作は第7巻まで持っていて、ウェブ上で公開されている最新話も追っていました。
最近は読んでいません。

この劇場版では、
ボンドルドとの激闘と深界6層へ突入する辺りまで描かれると予想しましたが、
おおよそ合っていました。

TVシリーズでは後半にようやく登場したナナチが、
この映画では最初から居るのは頼もしく、また嬉しく思いました。

おっと、本編に入る前に「マルルクちゃんの日常」という短編がありましたね。
オーゼンにおつかいを頼まれたマルルクが、オースの街で道に迷っていると、ナットと出会います。
ナットに道案内されて辿り着いた先は、ハボルグの奥さんが経営する店でした。

一人称に「ボク」を使うマルルクにナットは、「男みたいだな」なんて言いますが、
リコとレグが深界2層のシーカーキャンプに行った時も、同じような突っ込みをされてました。

そう、マルルクは深界2層から地上に上がってきたわけで、上昇負荷には耐えられたのかな?
しかも、あんなフリフリのかわいいお召し物に日傘という格好で。
そこはあまり執拗に触れないことにしよう。

ほのぼのとした短編が終わると、いよいよ本編のスタート。

原作は読んでいたものの、細かいところはすっかり忘れていました。
映画を見に行く前に、へたに原作を読み返すと楽しみが減ると思ったのでやめました。

ボンドルドとの激しい戦いが強く印象に残っていたので、
あの気持ち悪い虫を焼き払うくだりを忘れていました。

それとイカみたいな生物を料理して食べる場面も。
1匹目は刺身で食べて、2匹目は鍋にして食べました。

鍋のシーンは割愛されてましたが、レグがナナチに
「やけに熱心に料理を(リコから)教わってたじゃないか」と言うと
「ミーティに食べさせてやりてぇと思ってさ」と返すナナチ。

イドフロント(前線基地)へは、あっさりと潜入することができた3人。
それどころか、ボンドルドの娘だというプルシュカが迎え入れてくれます。
ボンドルドも出てきて最初は友好的な出会い。

この映画がなぜR15+指定、つまり15歳以上しか見られないのか理由が分かりません。
凄惨な描写が引っかかったのか、性的な描写が引っかかったのか。。

凄惨なシーンは、レグの腕が切断されるところや、
ボンドルド用のカートリッジに詰め込むために、
プルシュカの体をバラバラにするところ?

実写映画ならともかく、アニメなので、
そんなに「うげぇー」って眼を背けたくなるようには思えなかったけどね。

性的と言えば、リコが「チンチン」と言うところと、
レグがナナチの体をナデナデした後にアソコがもっこりした場面。
レグが排尿したというか失禁した場面もダメなのかな。

「ちんちん」くらいなら小学生でも言ってゲラゲラ笑う言葉だし。
小中学生が見られないのは可哀想ですね。

ただ、せめてTVシリーズの内容を知ってないと、
どの年齢層でも、いきなりこの映画だけ見たら訳わからないと思う。

ボンドルドとの戦いは、ヤツが何度も復活するので、
その理由をナナチが説明してくれるんだけど、
早い展開の中で「えっとえっと」と理解につとめているうちに場面が変わってしまう。

ボ卿と手下のアンブラハンズたちとの関係は何だっけ?…

それは私が年老いて、判断力が鈍ったからかも知れません。
「ま、とにかくボン様が強いってことで」と途中で考えるのを放棄しました。
歳はとりたくないねぇ。

なので、あんなに可愛がっていたプルシュカまでカートリッジにしてしまった理由が不明。
さらってきた孤児のストックが無くなったからなのか。
原作を読み返して復習します。

ただ、プルシュカが犠牲になったおかげで、
リコ専用の白笛ができたわけなので、何とも言えないですね。
カートリッジから漏れ出る汁を、メイニャがペロペロ舐める場面が切ない。

深界第6層に突入後もアニメ化するとのことですが、
原作をおぼろげながら知っている私としては「大丈夫なのか?」と思ってしまいます。

だって、リコもレグもナナチも次第に出てこなくなるんだもの。
ウェブで公開されている最新話を追わなくなったのも、それが理由です。

アビスの大昔の話が邪魔な気がします。
邪魔と言うか長々とやり過ぎ。
とある女の子が妊娠と堕胎を繰り返すくだりも、アニメ化には厳しい場面となりそうです。

映画から脱線してしまいましたが、
隣町で今月末から上映するなら、もう一度見に行こうかなあ。
今度は原作も読み込んで予習バッチリで。


◆スタッフ
原作:つくしあきひと
(竹書房「WEBコミックガンマ」)
監督:小島正幸
副監督:垪和 等
脚本:倉田英之
キャラクターデザイン:黄瀬和哉(Production I.G)
総作画監督:齊田博之
作画監督:小栗寛子、崎本さゆり
エフェクト作画監督:橋本敬史
生物デザイン:吉成 鋼
デザインリーダー:高倉武史
コンテ:小島正幸、酒井智史
演出:高橋賢、垪和等、森賢(ぎふとアニメーション)
アクションアニメーター:酒井智史、杉田柊
メインアニメーター:小里明花、小池裕樹、小出卓史、黒田結花、谷紫織、馬場健
美術監督:増山 修(インスパイアード)
美術設定:西 俊樹、平柳悟、菱沼由典
色彩設計:山下宮緒
撮影監督:江間常高(T2スタジオ)
音響監督:山田 陽
音響効果:野口 透
音楽:Kevin Penkin
音楽プロデューサー:飯島弘光
音楽制作:IRMA LA DOUCE
音楽制作協力:KADOKAWA
アニメーション制作:キネマシトラス
製作:メイドインアビス製作委員会

◆キャスト
リコ:富田美憂
レグ:伊瀬茉莉也
ナナチ:井澤詩織
ボンドルド:森川智之
プルシュカ:水瀬いのり

マルルク:豊崎愛生
ナット:田村睦心
オーゼン:大原さやか
  


Posted by じろう at 07:48Comments(0)

少女終末旅行など、見たアニメについて書くよ

 
2020年01月07日 / TVアニメ
少女終末旅行

見たアニメで感想を書いていない作品の一覧は、以下の記事で述べました。

見たアニメを列挙しておきまーす

途中まで見ていた作品の中で、「ひとりぼっちの○○生活」は全話視聴しました。
まあ、平和な日常を描いたアニメでしたね。
とりわけここが良かった、悪かったという感想もないです。


私の仕事はお盆も正月も関係ないのですが、年も改まったことだし、
ゆっくり何か見て過ごそうかと選んだ作品が「少女終末旅行」でした。

正直、2019年はいい年だったとは言えなかったので、
何か気分を一新してくれればと願って見始めました。

事前に登場人物がほぼ2人と知ってはいたものの、なんか暗い。

廃墟をケッテンクラート(という乗り物)で進むという話です。
ざっくり言うと。

ますます気分が鬱になりましたよ。

食料の奪い合いでユーリ(CV:久保ユリカ)がチト(CV:水瀬いのり)に
銃を向けるし。


これなら「小林さんちのメイドラゴン」みたいに明るく楽しい作品を
もう一度見た方が良かったと思いました。

それか「笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」でも見ておけばと。
YouTubeでちらっと見ましたが、
天海祐希さんの阿久津真矢(女王の教室)が懐かしく、面白かった。

脱線。。

年明けに第1話だけ視聴して、
間を空けてまた最近続きの視聴を再開したところです。
第4話まで見ました。

世間も自分も正月気分がすっかり晴れたので、
なんとかこの作品を受け入れられています。
全話見る予定です。   


Posted by じろう at 18:08Comments(0)

まだ結婚できない男、見逃した第5話を見ました!

 
2019年12月30日 / TVドラマ
まだ結婚できない男

まだ結婚できない男、第5話を見逃していて、
Amazonプライムビデオではレンタル視聴330円となっていました。

どうしようと迷っていたら、いつの間にかプライム会員は無料になってました。

当然、見ましたよ。これで全話を完全視聴。

鎌倉に行く話だとは予告編で知っていましたが、ああいう話だったんですね。
鎌倉と言えば、ドラマ「最後から二番目の恋」を思い出します。

まあ、第5話を見なかったとしても、話の筋は理解できなくなるわけでは
なかったですけどね。

前回は第2話まで見た感想を述べました。

「やっくん」なる桑野(阿部寛さん)をディスりまくるブログを書いていたのは、
同じジムに通う薬丸(デビット伊東さん)ではなく、
その辺に居そうなお兄さんでしたね。

憧れが憎しみに変化する。
憎しみとまでは言わないまでも、それに似た感情を抱くことはあります。

それが、Facebookだったりインスタグラムだったり、Twitterだったりですよ。
有名人の。

最初はフォローして「いいね」を気軽に押しているんですけど、
やたら更新の多い人で、楽しそうだったり美味しそうだったりするものを
見せつけられると、段々と「この人俺よりいい暮らししやがって」と
ちょっとムッとしてきますので、少しはやっくんの気持ちも分かるかな。

有名人の方たち、幸せの見せびらかしはほどほどにw


第5話はともかく、僕はてっきり全12話だと思っていたので、
第10話が最終回だとは思わなかったんです。

それで、第11話はいつなんだ、ああ12月24日だから
クリスマスイブ特番で休みかな、などと思っていました。

毎週火曜日で、全12話だったとしたら、24日に第11話、31日に第12話
ということになりますから、そんなの有り得ないのに気づきませんでした。

ということは、最初から全10話で制作陣は考えていたのか。
視聴率が振るわずに打ち切りではないですよね。

そんなこんなで、第10話が最終回とは思わずに見たので、
あまり感動せずに「来週どうなるのかなぁ」と呑気に構えてました。

桑野(阿部寛さん)が吉山弁護士(吉田羊さん)に
「東京に残ってください」と言ったのが、告白のようなものだったんですね。

前作の「結婚できない男」では、最終回までの盛り上げ方が凝っていて
診察室での長い阿部寛さんと夏川結衣さんとのやりとりが良かったんですよ。

それが今作ではさらっとしてましたね。
まあ、今さら桑野が結婚するわけないし、
ああいう終わり方しかなかったのかも知れません。

なんだか、こじんまりした続編になってしまいましたね。


ヤフーの記事に、「まだ結婚できない男」の感想というか論評というか
そんな記事が載っていまして、そこではこんなことが書かれていました。

高島礼子さんの代わりと思われる稲森いずみさんに色気が無い。
国仲涼子さんの代わりと思われる深川麻衣さんは格が落ちた感じ。


僕が言ったんじゃないですよ、その記事に書いてありました。
酷いこと書くもんだなあと思いました。

確かに、高島礼子さんが出演しなかったのは残念でした。

しかし、稲森いずみさんは、充分にいい役どころだったと思うけどなあ。


ただ、英治君(塚本高史さん)の恋人から奥さんになった女優さん、
申し訳ないけど地味過ぎたと思います。
すいません。正直な感想です。

前作「結婚できない男」で英治君の恋人役だったのは、
「さくら」さんという女優で、今では俳優の田中圭さんと結婚して
女優は引退していました。

あの女優さんの方が華があったなあ。
女優としてはそんなに知名度は高くなかったかもしれませんが。
俺も結構ひどいこと書いてるか(汗)

桑野の隣人の深川麻衣さん演ずる駆け出しの女優さん、
あの部屋は「父の持ち物」と言っていましたよね?

前作では国仲涼子さんが住んでいましたが、彼女曰く
「叔父さんの持ち物」と言ってましたから、あの二人は従姉妹(いとこ)
ということになりますね。

まあ、どうでもいいですけど。。


続編が見られたのは嬉しかったですけど、
総評としては、前作が秀逸過ぎたのがあだとなった感じですかね。   続きを読む


Posted by じろう at 23:57Comments(0)